« ヴィンス・ヴォーンに長男が誕生 | メイン | アデル、新作アクション・スリラー『The Secret Service』にカメオ出演!? »

2013年8月14日 (水)

『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』、ティーン・チョイス・アワードで最多7部門を受賞

クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー

『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』が、8月11日に開催された2013ティーン・チョイス・アワードで、最多7部門の受賞を果たした。ロバート・パティンソンとクリステン・スチュワートが共演した同人気シリーズ最終作はファン投票で受賞者が決定する同式典で、チョイス・SF/ファンタジー映画賞とチョイス・ロマンス映画賞をダブル受賞しただけでなく、クリステンがチョイス・SF/ファンタジーとチョイス・ロマンス映画の両演技部門で女優賞、ロバートがチョイス・ロマンス映画男優賞、テイラー・ロートナーがチョイス・SF/ファンタジー映画男優賞、ケラン・ラッツがチョイス・ムービー・シーン・スティーラー賞をそれぞれ獲得した。TV部門では、『プリティ・リトル・ライアーズ』『Xファクター』『ヴァンパイア・ダイアリーズ』などの人気番組に並んで4部門を獲得した「glee/グリー」のキャスト陣が、先日急死した出演者のコリー・モンティスの早すぎる死を悼んだ。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ