« ハイディ・クルム、元夫シールのタトゥーを除去 | メイン | クリスチャン・ベール、『Justice League』バットマンでの出演を否定 »

2013年7月 3日 (水)

クリステン・ウィグ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』の続編オファーを蹴る

クリステン・ウィグクリステン・ウィグが、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』の続編への出演オファーを蹴った。クリステンが主演した第1作目が2億8800万ドル(約287億円)もの興行成績を記録する大ヒットを飛ばしたことで続編が期待されていたが、共演したメリッサ・マッカーシーやマーヤ・ルドルフが続投に興味を示していると言われる中、クリステンは出演依頼を断ったという。前作ではアニー・ムモーロと共同で脚本を手掛けたクリスティンは、2人が1作目の時点で十分だと感じていたため、2作目を続投すれば多額のギャラをもらえるものと予測はしているものの、クリエイティブ面では惹かれないのだとか。そんなクリステンが主演する次回作『Girl Most Likely』は全米で7月19日(金)より公開予定だ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ