« イドリス・エルバ主演の英人気ドラマ「刑事ジョン・ルーサー」の映画化が進行中 | メイン | アーノルド・シュワルツェネッガー、新作ゾンビ映画『Maggie』に出演決定 »

2013年6月25日 (火)

ジョナ・ヒル、オーストラリアのビーチで飲酒後に瀕死の体験

ジョナ・ヒルジョナ・ヒルは、オーストラリアで溺れそうになった際、そのまま死ぬのではないかと思ったそうだ。昨年、ジョナは長時間のフライトで飲酒した後、シドニーのボンダイ・ビーチで『21ジャンプストリート』の共演者であるチャニング・テイタムと泳いでいたところ、激流にのまれて沖まで流されてしまったのだという。ジョナは、トークショーに出演した際「海に入って泳ぎだして、数秒後くらいにしか感じなかったけど、振り返ったらチャニング(テイタム)がものすごい遠くにいたんだよ…チャニングはビーチで人々と写真を撮ってて、俺はと言えばまさに浮き沈みしながら『どうなってんだ?俺はどこにいるんだよ?』ってな感じで、とにかく一生懸命泳ぎだしたんだけど全然進まなくて『こうやって俺は死んでいくんだな…』って思ったね。オーストラリアの海で酔っぱらって死んだ男になるんだってね。そうしたらようやくジェットスキーに乗った男がやって来たのさ。おかしなことにビーチにはパパラッチがいたよ。バカみたいな話が人生には稀にあるものだけど、それに証拠の写真があるなんて、実際の話よりバカげてるだろ。」と話した。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ