« ダニー・デヴィート、『ツインズ』の続編『トリプレッツ』の制作は適切な脚本待ち | メイン | スーザン・ボイル、フット・ネイルの手入れに毎週1万円費やす!? »

2013年2月26日 (火)

『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』、ラジー賞7部門を制覇!

クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』が、2月23日にカリフォルニアにて開かれたラジー賞こと第33回ゴールデンラズベリー賞で7部門受賞を果たしてしまった。最悪のハリウッド映画を選ぶ毎年お馴染みのイベントで、全10部門の合計11でノミネートしていた同作だが、ロバート・パティンソンは受賞を免れたものの、クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー、マッケンジー・フォイら出演陣がそれぞれ最低主演女優賞、最低助演男優賞、最低スクリーン・カップル賞を受賞している。また同作は最低作品賞や最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞などを受賞しただけでなく、キャスト全員が最低スクリーンアンサンブル賞に選ばれてしまっている。さらにアダム・サンドラーが今年も『That's My Boy』で最低主演男優賞を受賞した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/31106075

『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』、ラジー賞7部門を制覇!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ