« クロエ・グレース・モレッツ、人気ヤングアダルト小説『ミアの選択』の映画化に主演!? | メイン | ジャック・レイナー、『トランスフォーマー4』出演に向けて肉体改造中 »

2013年1月28日 (月)

ダコタ・ファニング、伝記映画『The Last of Robin Hood』でケヴィン・クラインの愛人役に

ダコタ・ファニングダコタ・ファニングが、エロール・フリンの伝記映画『The Last of Robin Hood』に出演することが決まった。1930年代のハリウッド黄金期に剣戟映画で活躍したアクション・スターのエロールをケヴィン・クラインが演じる本作で、ダコタはエロールの愛人であるビバリー・アードランド役を演じることになったという。リチャード・グラツァーとウォッシュ・ウェストモアランドのコンビが監督と脚本を兼務する。また、スーザン・サランドンがビバリーの母親であるフローレンス・アードランド役を演じる見込みで、フローレンスは1961年に自著「The Big Love」の中でエロールが当時15歳だった娘のビバリーと性的関係を持ったことを暴露し、批判している。エロールは、1959年に50歳の若さで息を引き取るが、その後ビバリーはエロールとの情事を認めている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30891357

ダコタ・ファニング、伝記映画『The Last of Robin Hood』でケヴィン・クラインの愛人役にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ