« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

『ジャンゴ 繋がれざる者』と『イングロリアス・バスターズ』は3部作の最初の2本に相当!?

ケリー・ワシントン、クリストフ・ヴァルツ、ジェイミー・フォックスクエンティン・タランティーノが、新作ウェスタン『ジャンゴ 繋がれざる者』と前作『イングロリアス・バスターズ』は、3部作の最初の2本に相当する可能性があると語った。タランティーノは今回、両作品は作風は違うものの、2本には対になる要素があり、今後3本目の作品が製作されるかもしれないと明かした。2009年に公開された『イングロリアス・バスターズ』は、ナチス将校の暗殺を狙ったユダヤ系アメリカ人の軍人達をブラッド・ピット主演で描いており、一方、来年3月1日に日本公開予定の新作『ジャンゴ 繋がれざる者』では、ジェイミー・フォックスが、レオナルド・ディカプリオ演じる極悪の奴隷商人からケリー・ワシントン扮する妻を救い出すために立ち上がる奴隷上がりの賞金稼ぎとして主役を演じている。

ルーク・ウィルソン、ロマコメ群像劇『A Many Splintered Thing』に出演決定

ルーク・ウィルソンルーク・ウィルソンが、新作ロマンチック・コメディー『A Many Splintered Thing』のアンサンブル・キャスト陣の仲間入りをした。本作は、クリス・エヴァンス、ミシェル・モナハン、オーブリー・プラザ、アンソニー・マッキー、トファー・グレイス、フィリップ・ベイカー・ホール、ジョヴァンニ・リビシなどがすでに出演を決めている。ジャスティン・リアドンがメガホンを取る本作は、慈善家気取りの男がチャリティー・ディナーで出会った魅力的な女性に一目惚れするものの、女性が婚約していることを知り、彼女のハートを射止めるためにプラトニックな関係を続けるというロマコメ作品。豪華キャスト陣がそれぞれどの役柄を演じるかは明らかにされていないものの、トファーだけは男性主人公の友人を演じることが明らかにされている。そんなルークの次回作は『Elvis & Nixon』だ。

ジョージ・ルーカス、ルーカスフィルムをディズニーに売却し「スターウォーズ」新3部作の製作を発表

ジョージ・ルーカスジョージ・ルーカスがルーカスフィルムをウォルト・ディズニーに売却し、2015年公開予定のエピソード7を含む「スターウォーズ」シリーズ新3部作の製作を発表した。ディズニーは、ルーカスフィルムを40億5000万ドル(約3200億円)で買収すると発表し、それに伴い2015年には『スター・ウォーズ エピソードVII』を公開するという。この売却に伴い、ジョージはディズニーの個人株主として2番目に多い2.2%の株式を保有することになり、新たに製作されるエピソード7、8、9の新3部作においてはクリエイティブ・コンサルタントという形で作品に関わることになるという。ジョージが今回ルーカスフィルムをディズニーに売却した理由は、同社の日々の実務から引退する時期が来たということと、自身の死後も「スターウォーズ」シリーズが続いて欲しいという願望からだったようだ。

2012年10月30日 (火)

トム・クルーズ、「ミッション:インポッシブル」シリーズ第5弾の製作始動を発表

トム・クルーズ、サイモン・ペッグトム・クルーズが、「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作となる第5弾の製作が始動していると発表した。1996年公開の同シリーズ第1作目でイーサン・ハント役を初演してから、2011年の第4作目『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』まで全作で主役を張っているトムは、同シリーズの続編を望む声がある限りシリーズ製作を続ける意向を明かした。さらにトムは、シリーズ第5弾のための撮影ロケ地を探し始めるなど、すでにプロジェクトを始動させているとか。そんなトムは、リー・チャイルド原作のハードボイルド・アクション小説の映画化となる新作『アウトロー』で元軍人ジャック・リーチャーを演じており、日本でも来年2月1日に公開を控えている。

「007」シリーズの新作24作目と25作目は同じストーリーを共有した2部作に

ダニエル・クレイグ「007」シリーズの新作24作目と25作目は、同じストーリーを共有した2部作になるようだ。10月26日からイギリスでシリーズ第23作目『007 スカイフォール』が封切られているが、今回、脚本を担当したジョン・ローガンが、続くシリーズ24弾と25弾でも脚本を執筆する契約を交わしたという。また、『グラディエーター』などでも脚本を担当してきたジョンは、『007 スカイフォール』の撮影中に、「007」シリーズのプロデューサーを務めるバーバラ・ブロッコリとマイケル・ウィルソンの2人にシリーズ24作目と25作目のストーリーのアイデアを提案し、現在すでに両作品の脚本の執筆を開始しているとか。『007 スカイフォール』は11月9日から全米公開、12月1日に日本公開が予定されている。

ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、新作『Captain America: The Winter Soldier』の出演候補!?

ジェシカ・ブラウン・フィンドレイジェシカ・ブラウン・フィンドレイが、人気シリーズ第2弾『Captain America: The Winter Soldier』に出演する可能性が囁かれている。英人気TVシリーズ「ダウントン・アビー」で好演したジェシカに、マーベル製作による2011年公開の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編で、シャロン・カーター役の候補として白羽の矢が立っているようだ。同TVドラマの第3シーズンで役柄上最後となる撮影が完了しているジェシカは、来年撮影が開始される本作への出演が可能だとか。他にシャロン役として候補に挙げられているのは、エミリア・クラークやテリーサ・パルマー、イモージェン・プーツ、アリソン・ブリーの4人だ。先日、フランク・グリロがクロスボーンズ役を演じると報じられたばかりの本作は、2014年4月4日に公開予定。

ホイットニー・ヒューストンの遺産相続を巡り、娘のボビー・クリスティーナと家族側が合意

ホイットニー・ヒューストン、ボビー・クリスティーナホイットニー・ヒューストンの遺産相続を巡って、娘のボビー・クリスティーナ・ブラウンと家族側が合意に至ったようだ。ホイットニーの母シシー・ヒューストンや義妹でマネージャーのパット・ヒューストンらホイットニーの遺産を管理する財団側は当初、娘のボビー・クリスティーナが受け取る遺産相続分が多すぎるとして裁判に訴える構えを見せていたものの、全関係者は今回、当初の相続プラン通りで合意に至ったという。これにより、現在19歳のボビー・クリスティーナは、21歳になった際に遺産の10%を、25歳時に20%を、さらに30歳時に残り全ての金額を受け取ることになり、母ホイットニーの遺産を将来的に全額受け取ることになった。そんなボビー・クリスティーナは先日、義理の兄にあたるニック・ゴードンと再び婚約を果たしている。

リーアム・ニーソン、ビジネスウーマンと別れて再びシングルに

リーアム・ニーソンリーアム・ニーソンが、再びシングルに戻ったようだ。2009年に妻のナターシャ・リチャードソンがスキーで悲劇的な事故死をした後、PR会社の重役フレイヤ・セント・ジョンストンさんと2年間にわたって交際を続けてきたリーアムだが、仕事と2人の息子たちとの時間に専念するためフレイヤさんと別れたという。リーアムは新作アクション映画『Non-Stop』の撮影があって11月初頭にはアメリカに行くなど仕事で多忙を極めているだけでなく、ナターシャとの2人の息子の面倒も見たいため、フレイヤさんに1人の時間が欲しいと告げたとか。そんな一人身に戻ったリーアムだが、最近トルコのイスタンブールへ旅行した際、イスラム教とその儀式にほれ込んでイスラム教徒に改心することを真剣に考えているという。

アーノルド・シュワルツェネッガー、リブート作『The Legend of Conan』で3度目のコナン役に

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガーが、『コナン・ザ・グレート』のリブート作『The Legend of Conan』に主演することが決まった。1982年の『コナン・ザ・グレート』、1984年の『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』とシリーズ前2作に出演しているシュワルツェネッガーは、ユニバーサル・ピクチャーズ製作の同リブート作への出演契約を結び、3度目となるコナン役に臨むという。再リブートとなる今回の新作は、1984年の続編『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』や2011年に公開されたジェイソン・モモア主演のリブート作『コナン・ザ・バーバリアン』など不評だった作品群ではなく、1982年の第1作目のテイストを踏襲した作品になる模様だ。そんなシュワルツェネッガーは今後も『ラストスタンド』『The Tomb』『Ten』など新作が目白押しだ。

2012年10月26日 (金)

ジェレミー・レナー、新作『Imagine』でジュリアン・ムーア、アル・パチーノらと共演へ

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、新作『Imagine』でジュリアン・ムーア、アル・パチーノらと共演することが決定した。本作ではアルが1970年代に活躍した老齢のロッカー、ダニー・コリンズを演じ、ある日、19歳の時の自身に届けられるはずだった未配達のジョン・レノンからの手紙を発見したのをきっかけに、未だかつて会ったことの無かったジェレミー扮する息子に会って親子の絆を取り戻そうとする物語。ジュリアンは、アル演じる主人公が住み着くニュージャージーの小さなホテルのオーナーを演じるとか。脚本家ダン・フォーゲルマンの監督デビュー作となる本作は本来、スティーブ・カレルが主演する予定だった。クランクインは来年春を予定している。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ