« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

『羊たちの沈黙』のキャラクターが次々にテレビシリーズ化へ

ジョディ・フォスター『羊たちの沈黙』でジョディ・フォスターが演じたことでお馴染みのクラリス・スターリングの若き日を描いたTVドラマ「Clarice」が製作されることになった。『羊たちの沈黙』の権利を持つMGMが目下、米ライフタイム局下で製作を進めているのは、FBIのアカデミー卒業前後のクラリスを主役に添えたドラマ。同作はまだ製作の初期段階にあるため、主演女優、脚本家、製作総指揮者は未定だ。さらに「Clarice」とは別に、『レッド・ドラゴン』『刑事グラハム/凍りついた欲望』で登場したウィル・グラハムFBI捜査官とレクター博士の関係に焦点をおいたテレビシリーズ「Hannibal」の製作をNBCが進めている。『プッシング・デイジー~恋するパイメーカー~』を手掛けたブライアン・フラーが本ドラマの製作総指揮を務め、今秋に放映が開始する予定だ。

シンシア・ニクソンがついにガールフレンドと正式に結婚!

シンシア・ニクソンシンシア・ニクソンが、クリスティン・マリノーニと結婚した。『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダ役でお馴染みのシンシアが、5月27日、3年の婚約期間を経てクリスティンとニューヨークで結婚した。シンシアは結婚式でキャロライナ・ヘレラの特注ドレスを着用したとか。ゲイやレズビアン同士の結婚が法的にまだ認められていない2009年に、シンシアとクリスティナの2人は、ニューヨークで開催された同性婚を求める集会で婚約を誓っていた。昨年の夏に同州で同性婚が正式に認められ、2人は今回結婚することが可能になったとのこと。2人は2004年から交際を続けており、2人の間には昨年2月にクリスティンが出産したマックス・エリントン・ニクソン・マリノーニくんがいる。子供の父親についての詳細は不明。そんなシンシアは、クリスティンとの交際以前に、写真家ダニー・モーゼスとの間に2人の子どもをもうけている。

ガブリエラ・ワイルド、リメイク版『キャリー』に出演決定

ガブリエラ・ワイルドガブリエラ・ワイルドが、リメイク版『キャリー』への出演契約を正式に結んだ。クロエ・グレース・モレッツが主演する同作には、すでにキャリーの母親役にジュリアン・ムーアが決定しているが、その他に今回、『三銃士/ 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』でもお馴染みのガブリエラの出演が決定し、さらに『ファミリー・ツリー』にも出演したジュディ・グリアの出演も実現しそうだという。ガブリエラが扮するのは、高校の人気者でキャリーをいじめていたものの、自らの行いを反省し、プロムで自分のボーイフレンドにキャリーをエスコートさせる劇中で数少ないキャリーの味方になるスー・スネル役。また、ジュディが演じると思われているのは、キャリーの生活を心配する体育教師のミス・コリンズ役だ。本作は6月末にクランクインし、来年の3月15日に公開予定だ。

2012年5月30日 (水)

ハリソン・フォード、『ブレードランナー』続編に出演へ?

ハリソン・フォードハリソン・フォードが、『ブレードランナー』の続編へ出演するようだ。1982年に製作された同SF映画に引き続きメガホンをとるリドリー・スコットが、ハリソンにカメオ出演を要請しているとか。リドリーは、主人公リック・デッカードを演じたハリソンを登場させることで、続編の面白さが増すと考えており、さらに脚本を執筆したハンプトン・ファンチャーに、続編で女性を主人公に据えた脚本の執筆を依頼しているという。また、同作の製作を手掛けるアルコン・エンターテインメント社のアンドリュー・A・コソーヴとブロデリック・ジョンソンの両氏は、今回の新作の舞台が未来になるとコメントしている。

マリン・アッカーマン、新作映画『CBGB』でデボラ・ハリー役へ

マリン・アッカーマンマリン・アッカーマンが、新作『CBGB』にブロンディのボーカル、デボラ・ハリー役で出演することになった。ニューヨークの伝説的なライブハウスCBGBを描く同作でマリンは、CBGBの創設者ヒリー・クリスタルを演じるアラン・リックマンや、先日キャスト入りが決定したルパート・グリントらと共演することとなる。ブロンディは、1976年のデビューアルバムによる商業的成功を収める前後、同クラブの常連バンドだった。アランとヒリーに類似する点を見出したというランドール・ミラーがメガホンをとり、ジョディ・サヴァンと共に共同脚本も務める。そんなマリンは、日本でも9月21日に公開予定の新作『ロック・オブ・エイジズ』で、トム・クルーズ演じるステイシー・ジャックスを追うレポーター役で登場する。

クリス・ヘムズワース、早くも『スノーホワイト』スピンオフ作品に意欲

クリス・ヘムズワース6月15日に日本公開予定の『スノーホワイト』で、ハンターのエリック役を演じるクリス・ヘムズワースが、早くもスピンオフ作品に出演したい意向を明らかにした。クリスは同作で演じたハンターのエリックが複雑なキャラクターであることから、エリックを主人公にしたスピンオフ作品の製作が机上に乗れば、ぜひ演じてみたいと語った。今回の映画でエリックがある種のトラウマを抱えていることがわかるものの、その理由は明示されていない。そのため、この作品以前のエリックの人生については、色々な可能性を考えることが出来ると考えているそう。スピンオフ作品に野心を燃やすクリスだが、実際のところプロデューサーにそのアイデアはまだ受け入れられていないようす。「エリックは『シンデレラ』や『眠れる森の美女』につなげたスピンオフ作品に多分できると思うんだよ。だって彼はおとぎ話で活躍するハンターだからさって言ったんだけど、すぐにペケにされたよ」

2012年5月29日 (火)

デミ・ムーアとアシュトン・カッチャー、復縁も!?

デミ・ムーアデミ・ムーアとアシュトン・カッチャーが、今後の2人の関係を話し合ったようだ。現在別居中のデミとアシュトンの2人は、将来のことを話し合うために、先月少なくとも2回は直接会っていたという。先日も2人は、結婚式を執り行ったラビのイェフダ・バーグ氏の誕生日パーティー、ジェミニ・ニュー・ムーンで顔をあわせたとか。今後のことを話し合うために会った2人は、正式に離婚するのか、それともまた一緒にやり直すのかを選択する上で、精神的指針としてラビを必要だと考えているそうだが、今後の見通しは全く立っていない。ちなみにデミとアシュトンは2005年9月に結婚し、2011年11月に離婚を申請している。

ドミニク・ウェスト、エミリー・ワトソン、モニカ・ドランらが英BAFTA TVアワードを受賞

エミリー・ワトソン実在の連続殺人を犯した夫妻を描いたドラマ『Appropriate Adult』に出演したドミニク・ウェスト、エミリー・ワトソン、モニカ・ドランの3人が、5月27日に開催された英BAFTA TVアワードで、それぞれ最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞を受賞した。『ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~』で最優秀助演女優賞にノミネートされたマギー・スミスは、モニカを前に受賞を逃した。また、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『SHERLOCK/シャーロック』からは、モリアーティを演じるアンドリュー・スコットが最優秀助演男優賞を獲得したものの、最優秀主演男優賞にノミネートされていたベネディクトは、惜しくもドミニクに敗れるかたちとなった。『Appropriate Adult』出演陣が受賞を席巻したものの、最優秀ミニシリーズ賞では『This Is England '88』が受賞している。

トム・ハーディ、ミュージカルに出演

トム・ハーディトム・ハーディが、今度は映画でなくミュージカルに出演するようだ。自身が主役を務めるミュージカル作品「Harold's Harem」の製作過程に深くかかわっているとのこと。本作は、マーティン・スコセッシ監督の映画『キング・オブ・コメディ』と『タクシードライバー』、さらにボリウッド映画の3つを掛け合わせたような作品になるとか。さらにトムは、同ミュージカルが、2003年にニューヨークからロンドンのナショナル・シアターに舞台を移した、公民権運動をテーマにした大ヒットミュージカル「Caroline Or Change」の流れにある、もう少しシリアスな作品になると思っているようだ。同ミュージカルがいつどこで制作されるかはまだ検討中とのこと。

2012年5月28日 (月)

クリスティン・デイヴィス、人気脚本家と交際中?

クリスティン・デイヴィスクリスティン・デイヴィスが、アカデミー賞受賞経験のある人気脚本家と交際しているようだ。クリスティンは、『ソーシャル・ネットワーク』でオスカーを獲得した脚本家のアーロン・ソーキンにぞっこんのようで、ここ6週間に渡り交際をしており、2人の関係が真剣なものに発展するかもしれないという。過去にアルコール依存症を克服した経験があるという共通項が、2人の絆を深めているとか。そんなアーロンは以前、ジュリア・ビンガムと結婚しており、2人には12歳の娘ロクシーちゃんがいる。一方のクリスティンは未婚なものの、昨年ジェマ・ローズちゃんを養子に迎え、シングルマザーとして育てている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ