« ライアン・レイノルズ、Facebookでパーキンソン病チャリティ活動を開始 | メイン | リンキン・パークの新曲が、「トランスフォーマー」最新作に起用 »

2011年4月26日 (火)

『ガリバー旅行記』の監督、主役のジャック・ブラックに罪悪感?

ジャック・ブラック『ガリバー旅行記』のロブ・レターマン監督が、主演のジャック・ブラックに対して毎日罪悪感を感じていたそうだ。1726年に発表された小説「ガリバー旅行記」を現代風にアレンジした本作。撮影初日からジャックがバミューダ・トライアングルの渦に飲み込まれてしまうシーンにとりかかり、2月の寒い気候の中、シャツ1枚にさせた上、放水銃で水の砲弾を浴びせるという身体的にかなり辛いシーンを撮ったのは、間違いだったと思っているという。更には本物の針金でジャックをくくり付けることまでしたことで、ジャックに嫌われるだろうなと思ったのだとか。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/26351845

『ガリバー旅行記』の監督、主役のジャック・ブラックに罪悪感?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ