« アーノルド・シュワルツェネッガーが、役者復帰? | メイン | ヒラリー・スワンクが、役作りのための増量に苦心 »

2010年12月 8日 (水)

ウィノナ・ライダーが、アンジェリーナ・ジョリーと友達になれなかったことに遺憾の意

ウィノナ・ライダーは、親友になれると思って自らがプロデュースと主演をかねた『17歳のカルテ』でアンジェリーナ・ジョリーをキャスティングしたが、実際にはアンジェリーナから距離を置かれているそうだ。万引き事件などで世間を騒がせているウィノナは、当時堂々と自分の性癖やドラッグ癖などを公言していたアンジェリーナが同じ問題を抱えて悩んでいると思い込み、よき理解者で相談相手になれると思ったそう。しかし、実際には同作の出演後にたった一回、賞関係の会場で会っただけだそうだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25824934

ウィノナ・ライダーが、アンジェリーナ・ジョリーと友達になれなかったことに遺憾の意を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ