« ジョシュ・ブローリンが、浮気報道を否定! | メイン | 第67回ヴェネチア映画祭の金獅子賞に、ソフィア・コッポラ監督作『Somewhere』が選ばれる »

2010年9月20日 (月)

テリー・ギリアム監督作『The Man Who killed Don Quixote』の製作が、またもや頓挫

テリー・ギリアム監督が長年あたためてきた作品『The Man Who killed Don Quixote』の製作が、再び頓挫していることが明らかになった。同作は、もともと2000年にジョニー・デップ主演でクランクインしたものの、出演者の病や資金難などの問題で製作が中断してしまった。約10年の月日が流れ、ロバート・デュバルとユアン・マクレガーの主演が決まり、9月から撮影に入る予定だった。しかし、約2ヶ月前に出資者との交渉が決裂し、またもや資金難に陥ってしまった。製作の目処は今のところたっていないが、現在新たな出資者を探しているところだそうで、ギリアム監督はまだ希望を捨てたわけではないと話している。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25824588

テリー・ギリアム監督作『The Man Who killed Don Quixote』の製作が、またもや頓挫を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ