« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

ジョン・マルコビッチとフランシス・マクドーマンドが、『Transformers 3』に出演

ジョン・マルコビッチとフランシス・マクドーマンドが、「トランスフォーマー」シリーズ第3弾となる『Transformers 3』に出演することが明らかになった。マイケル・ベイ監督は、2人とかねてから一緒に仕事がしたいと考えており、その夢が実現したようだ。シャイア・ラブーフ、そして物議をかもし出しているミーガン・フォックスの続投が決まっている同作の撮影は、4月からロスでカメラ・テストを行い、その後シカゴ、ワシントンDC、フロリダ、テキサス、そしてアメリカ国外のアフリカ、メキシコ、中国で展開される予定。

Photo:アフロ

グウィネス・パルトロウが、NYへの引越しを否定

グウィネス・パルトロウが、生まれ故郷のアメリカに戻るつもりがないことが明らかになった。グウィネスは、イギリス人のクリス・マーティンと結婚するまではアメリカで暮らしており、ロンドンに移住した当初は、イギリス人はつまらないなどと発言してひんしゅくをかっていた。しかし、今ではすっかりブリティッシュ・ライフを楽しむようになったそう。『アイアンマン2』で2人の子供たちを連れてしばらくNYに住んでいたグウィネスだが、引越しの予定はまったくないそうだ。

クリストフ・ヴァルツが、念願の監督業に進出!

『イングロリアス・バスターズ』でナチス将校役を演じ、アカデミー賞助演男優賞ほか各賞を総なめにした53歳のクリストフ・ヴァルツが、長年の夢だった監督デビューを果たすことが明らかになった。クリストフが手がけるのは、ドイツ語のロマンティック・コメディ『Up and Away』。数年前から脚本を書いていたそうだが、なかなか時間がとれなかったため実現に時間がかかっていたようだ。しかし、すっかり人気者になったクリストフは、次回作に『The Green Hornet』や『Water for Elephants』が控えており、メガホンを取るのはその後。撮影開始時期などは、明らかになっていない。

2010年3月30日 (火)

ロブ・マーシャル監督が、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第4弾で豊胸女性を締め出し!?

シリーズ第4弾『Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』でメガホンを取ることになったロブ・マーシャル監督が、キャスティング・エージェンシーに対し、人工的に豊胸手術をした女性をキャスティングしないように要望していることが明らかになった。同要望書には、18歳から25歳までという年齢制限に加えて、身長制限も記されているが、興味深いのは胸が本物であること、というもの。同シリーズで3作品に出演したキーラ・ナイトレイは、メイクや特殊撮影で胸を大きく見せていたことを認めているが、今回主役は、豊満なペネロペ・クルスに変わっている。

『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピントが、ボンドガールに大抜擢される!

『スラムドッグ$ミリオネア』で一躍スターダムにのし上がったインド人女優フリーダ・ピントが、「007」シリーズ第23弾でボンドガールに大抜擢されたことが明らかになった。フリーダは、メガホンを取るサム・メンデス監督にとって理想のボンドガール。約1年前にも次期ボンドガールの噂が報じられていたが、フリーダは夢のような大役を前に臆病になっていたそう。だが製作側からの熱心なアプローチにより、ついに契約書を交わしたそうだ。離婚騒動で世間を騒がせているメンデス監督だが、斬新なボンド映画作りに向けてプロジェクトが動き出している。前作『007 慰めの報酬』のボンドガール、オルガ・キュリレンコは当時29歳。フリーダは26歳で、さらに若いボンドガールが誕生することになった。

アントニオ・バンデラスが、国連親善大使に任命される

アンジェリーナ・ジョリーなどに続いて、アントニオ・バンデラスが、国連親善大使に選ばれたことが明らかになった。バンデラスが任命されたのは、国連開発計画(UNDP)の親善大使。国連開発計画では、2015年までに世界の貧困を半減することを目的とした“ミレニアム開発目標”を掲げており、バンデラスに期待感を寄せている。バンデラスは監督・脚本を務める新作映画や出演作などで忙しくしているが、一方で世界の貧困撲滅運動を展開していくようだ。

2010年3月29日 (月)

サシャ・バロン・コーエンが、極秘結婚へ

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』や『ブルーノ』でお馴染みのサシャ・バロン・コーエンが、女優で婚約者のアイラ・フィッシャーと極秘結婚したことが明らかになった。2人は、2002年から交際をはじめ、2004年に婚約。既に2007年には長女が誕生しており、結婚は時間の問題と言われていた。パリで執り行われた挙式は、身内だけが招かれ、伝統に基づいたユダヤ教の儀式で行われたという。

ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督の離婚の原因は?

別居を発表したケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督について、ウィンスレットはレオナルド・ディカプリオと、メンデス監督はレベッカ・ホールとの関係が疑われているが、2人の離婚は不倫が理由ではないことが明らかになった。ウィンスレットは、『タイタニック』で共演して以来レオとの良い関係を強調しており、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』で再共演。レオが今度の離婚の心の支えになっていたようで、不倫関係が浮上した。一方、メンデス監督側には、レベッカとの親密な関係がウィンスレットを憤慨させたという噂が流れていたが、こちらについても事実関係はないようで、実際は多忙で仕事熱心な2人のすれ違いが原因のようだ。

来年のゴールデングローブ賞は1月16日に決定

アカデミー賞が終わり、映画界のすべての賞レースが終了したが、早くもハリウッドの外国人記者クラブが、来年の第68回ゴールデン・グローブ賞の開催日程を発表した。同賞は、2011年1月16日の日曜日に、例年通りロスのビバリー・ヒルズで開催され、米NBCテレビがオンエアすることが決定。同賞は、昨年に比べて視聴率が約14%もアップし、NBCテレビにとっては、アメリカで最も人気のあるスポーツ番組以外で、過去6年間で最も視聴率を稼いだ番組となったことも明らかになった。

2010年3月26日 (金)

ペネロペ・クルスが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第4弾に出演!

キーラ・ナイトレイとオーランド・ブルームが降板したシリーズ第4弾『Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』に、ペネロペ・クルスが出演することが明らかになった。ペネロペは、イアン・マクシェーンが演じる悪役・黒ひげの娘を演じることになり、ジョニー・デップが演じる海賊ジャック・スパロウの恋愛対象になるようだ。現在デップはアンジェリーナ・ジョリーと共演している『The Tourist』の撮影中だが、終了後は2011年公開予定の同作に取りかかる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ