« ジゼル・ブンチェンが婚約! | メイン | ジェニファー・ラブ・ヒューイットが婚約破棄 »

2009年1月21日 (水)

第19回全米脚本家組合賞のノミネートが発表に

第19回全米脚本家組合賞のノミネートが発表され、脚本賞は100本の中から、脚色賞は159本の中からにそれぞれ5作品が選ばれた。脚本賞には、過去に4回の受賞歴があるウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』、昨年『ノーカントリー』で同作を受賞したジョエル&イーサン・コーエン監督作『バーン・アフター・リーディング』、ガス・ヴァン・サント監督作『ミルク』、トム・マッカーシー監督作『The Visitor』、ダーレン・アロノフスキー監督作『ザ・レスラー』が選ばれた。また脚色賞には、デヴィッド・フィンチャー監督作『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』、ジョン・パトリック・シャンレー監督作『ダウト/あるカトリック学校で』、ロン・ハワード監督作『フロスト×ニクソン』、ダニー・ボイル監督作『スラムドッグ$ミリオネア』、そしてクリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』が選ばれた。なお、昨年は米脚本家組合のストライキが長引いたためできなかった授賞式は、2月7日にロスとNYでそれぞれ開催される予定。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25821972

第19回全米脚本家組合賞のノミネートが発表にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ