2014年11月19日 (水)

トム・フェルトン、ルパート・グリントにいたずら!

ルパート・グリントトム・フェルトンがニューヨークでルパート・グリントにいたずらを仕掛けたようだ。「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイ役で知られるトムは、同シリーズでの共演者であるルパートがマシュー・ブロデリックとネイサン・レインと共演しているブロードウェイ作「It's Only a Play」の出演者が劇場から出てくる際にファンを装って出待ちしていたのだという。そこでトムはボブという名前のファンになりすまし、舞台後に仲の良い友人であるルパートをだまそうと仮装して登場したそうだ。2人は撮影現場でも私生活の中でも、長年お互いにいたずらしあっていることで知られており、以前にはロサンゼルスで行われた『猿の惑星: 創世記』のプレミアのレッドカーペットで、ルパートがトムへの愛をつづったTシャツを着て登場し、トムをからかったこともあった。

ジュード・ロウ、新作『Knights of the Round Table』で悪役に

ジュード・ロウジュード・ロウが、新作『Knights of the Round Table』に悪役として出演するようだ。『シャーロック・ホームズ』でタッグを組んだガイ・リッチー監督とこのアーサー王を題材にしたシリーズ作で再タッグを組むことになるジュードだが、今のところ1つの作品に出演するのか、はたまた連続して出演するかはまだ明かされていないようだ。6部作にもなると言われているこの新作では、チャーリー・ハナムが主役のアーサー王、アストリッド・ベルジュ=フリスベがアーサー王の王妃グィネヴィアを演じることが決まっており、現在監督はアーサー王の師範役となる俳優を探しているところだという。『刑事ジョン・ルーサー』でお馴染みのイドリス・エルバがこの師範役を演じることになっていたのだが、どうやら条件が合わなかったようで降板していた。映画の詳細については今のところ沈黙が貫かれているが、2016年7月22日に公開されることは明かされている。

コリン・ファレル、アイルランドの同性婚を支援

コリン・ファレルコリン・ファレルが、アイルランドでの同性婚の権利を支援するキャンペーンを行っている。LGBTに対する平等な権利を求めるコリンは、自身がゲイであることを公言している兄エイモンが法的にパートナーと結婚するためにわざわざカナダに行かなければいけなかったことに幻滅し、出身地のアイルランドでの合法化を求める活動に力を入れるようになったようだ。兄と夫が自身の知る中で最も健康的で幸せな夫婦とするコリンは、来年に予定されている同国での同性婚の合法化についての国民投票で正義というものの指標を正すべきだと主張している。現地紙への寄稿で、学生時代から兄がゲイであることを知っていたコリンは、エイモンが男性に惹かれることだけが理由で殴られることなどがあっても、同性愛嫌いのいじめに立ち向かってきた姿を誇りに思っていると綴っている。

2014年11月18日 (火)

アンジェリーナ・ジョリー、息子マドックスを撮影現場で雇う?!

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの長男が、製作アシスタントとして働いているようだ。2人の長男マドックスは現在、アンジェリーナとブラッドがマルタ島で撮影を行っている新作『By The Sea』の現場で雇われているという。今年に入ってオーストラリアで撮影が行われていたアンジェリーナ監督作品『Unbroken』の撮影現場でたくさんの時間を過ごしていたマドックスに、アンジェリーナは今回製作アシスタントとしての仕事を与えたという。マドックスはオーストラリアのシドニーでの撮影の際にも撮影現場を歩き回って撮影風景を観察したり、俳優陣に話しかけたりしていたそうだ。

ダニエル・デイ=ルイス、ナイト爵を授かる!

ダニエル・デイ=ルイスダニエル・デイ=ルイスが、11月14日、英ウィリアム王子によってナイト爵を授けられた。アカデミー賞を3度も獲得しているダニエルは、6月のエリザベス女王公式誕生日に発表された勲章者の一人として選ばれており、その映画業界における功績を称え、ロンドンのバッキンガム宮殿で執り行なわれた儀式で、名誉ある称賛とナイト爵をウィリアム王子から与えられた。このニュースを知らされた際には、驚くと共に喜んでいるとしていたダニエルは、今回の式典でウィリアム王子の前にひざまずき、王子がダニエルの肩に剣を置いて称号を授けた際には、優雅な笑顔を見せていたという。1989年作『マイ・レフトフット』で初めてのアカデミー賞を受賞したダニエルはその後、2007年作『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、2012年作『リンカーン』でアカデミー主演男優賞を受賞している。

ジャスティン・ビーバー、アルゼンチン裁判所へ出廷要請!

ジャスティン・ビーバージャスティン・ビーバーが、アルゼンチンの裁判所から出廷要請を受けた。ジャスティンは昨年11月にブエノスアイレス内のナイトクラブの外で待ち受けていたカメラマンをボディーガードに襲撃させた罪に問われており、出廷しない場合、逮捕または送還の可能性もあるという。11月13日、同国の裁判官は国際刑事警察機構に対し、ジャスティンがアルゼンチンの裁判所に60日以内に出廷するよう、ありとあらゆる手段を使って伝えるように依頼したという。この申し立てをしているカメラマンによれば、ジャスティンのボディーガードにカメラを取り上げられそうになった上、殴る蹴るの暴行を加えられたという。この軽傷を負わせた責任で有罪となった場合、ジャスティンは最高1年間の服役を科される可能性がある。

2014年11月17日 (月)

オリヴィア・クック、『ベン・ハー』に出演か!?

オリヴィア・クックオリヴィア・クックが、『ベン・ハー』の出演交渉に入っているようだ。オリヴィアは1959年作のクラシック映画のリメイク版で、オリジナル版ではキャシー・オドネルが演じていたベン・ハーの妹ターザ役の出演依頼を受けていると報じられている。パラマウントとMGMの共同製作の元、『リンカーン/秘密の書』のティムール・ベクマンベトフ監督がメガホンを取るこの作品では、ジャック・ヒューストンが王子ベン・ハー役、その王子に奴隷になることを共有する元友人のメッサーラ役にトビー・ケベルの名が挙がっており、モーガン・フリーマンの出演が決定している。1880年に発表されたルー・ウォーレスによる同名小説の映画化となる本作では、『それでも夜は明ける』の脚本家ジョン・リドリーとキース・クラークが脚本を共同執筆している。

ジェニファー・ローレンス、元彼ニコラス・ホルトと急接近?

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、元恋人のニコラス・ホルトと急接近しているという。この夏にニコラスと破局していたジェニファーだが、クリス・マーティンとの短期間のロマンスを経て、またニコラスと連絡を取り始めているという。ジェニファーは今週、『The Hunger Games: Mockingjay - Part 1』のプロモーションのため、イギリスに滞在しており、空き時間にはイングランド南東部バークシャーにあるニコラスの実家を訪れていたようで、ニコラスの両親も2人が復縁することを望んでいると言われている。先月には、ニコラスがクリステン・スチュワートと仲睦ましげな様子であると報じられていたが、現在は来年にも『X-Men: Apocalypse』でまた共演するジェニファーとのロマンスが再燃しそうな様子だ。

ジェームズ・ギャンドルフィーニ、ニュージャージー殿堂入りを果たす

ジェームズ・ギャンドルフィーニジェームズ・ギャンドルフィーニが、11月13日、ニュージャージー州の殿堂入りを果たした。大人気HBOドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」クリエーターであったデイヴィッド・チェイスをはじめ、出演陣などが参加したセレモニーで、昨年6月、51歳の若さでイタリアで他界したジェームズを祝福した。このウェブ基盤の殿堂は現代社会と来世に非常に貴重な貢献したニュージャージーの住人に贈られるもので、NBCニュースの司会者、ブライアン・ウィリアムズ、元政治家ジェームス・フロリオ、ジャズ界の巨匠ディジー・ガレスピー、シェフのアリス・ウォーターズ、作家のドロシー・パーカー、バスケットボール界のアイコン的存在であるパトリック・ユーイングなども殿堂入りしたようだ。ローマでの休暇中に心臓発作でこの世を去ったジェームズは、『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』で演じたマフィアのボス、トニー・ソプラノ役で3度のエミー賞最優秀俳優賞をはじめ、全米映画俳優組合賞でも3度、またゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞している。

2014年11月14日 (金)

クリストフ・ヴァルツ、新作『007』で重要な役を演じる!?

クリストフ・ヴァルツクリストフ・ヴァルツが「007」シリーズ最新作で重要な役を演じることになるようだ。タイトル未定の同作に向けてクリストフが出演契約を交わしたと報じられているものの、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの友人役となるのか敵役となるのかは今のところ明らかになっていない。異常なまでにずる賢くて、歯が立たないほどいいかげんなキャラクターと表現されるその役どころをオファーされたというクリストフは、これまでに悪役のイメージが強いものの、今回もそうとは限らないようだ。同作にはレイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショー、レア・セドゥ、ロリー・キニアらもキャストに加わっており、3週間以内には脚本の読み合わせが行われるようだ。

アナ・ケンドリック、新作『The Accountant』へ出演交渉中

アナ・ケンドリックアナ・ケンドリックが、新作『The Accountant』へ出演交渉中のようだ。アナはベン・アフレックの出演が既に決まっているこのアクション・スリラー映画のキャストに加わるかどうかの話し合いを行っているようだが、現在いくつもの映画出演の話が来ているため、どの作品に出演するかはまだ明らかになっていない。来年にはアナの出演作が立て続けに公開される予定で、その中にはシンデレラ役で登場している『Into The Woods』をはじめ、『Pitch Perfect 2』『Mr. Right』『The Hollars』などがある。ギャビン・オコナー監督がメガホンを取る『The Accountant』は、物腰の柔らかな会計士と暗殺者という2つの顔を持った男のストーリーとなっており、過去にはメル・ギブソンやウィル・スミスが主役に予定されたこともあったものの、現在ではベンが主役を演じる方向になっている。

ウィリアム・H・メイシー、新作『Room』に出演決定

ウィリアム・H・メイシーウィリアム・H・メイシーが、新作映画『Room』に出演するようだ。エマ・ドナヒューの小説を映画化するこの作品には、ウィリアムと共にジョアン・アレン、ジェイコブ・トレイブレイ、ブリー・ラーソンらも出演することが決まっているという。同作はドナヒューにより既に脚本が書かれているようで、レニー・エイブラハムソンがメガホンを取ることになりそうだ。2010年に出版されたこの小説は、オールド・ニックという名で知られる男によって小さな部屋に閉じ込められている母親と息子が逃げ出すための計画を企てるというストーリーで、映画化作では母親をブリー、息子をジェイコブが演じる予定となっている。

2014年11月13日 (木)

ブルック・シールズ、ディーン・ケインが初めての相手だったと告白

ブルック・シールズブルック・シールズは、22歳で初体験をしたそうだ。発売予定の回顧録「There Was a Little Girl: The Real Story of My Mother and Me」の中で、リーアム・ニーソンやジョン・トラボルタなど過去の有名人の交際相手について綴っているブルックは、『新スーパーマン』などでおなじみのディーンとの初体験についても明かしている。プリンストン大学で出会ったディーンと2年間に渡って交際したブルックだったが、2012年に他界した母テリー・シールズのおかげで脚光を浴び、男性との肉体的な接触を恐れていたとしており、どうしていいのか分からなかったと綴っている。現在では夫クリス・ヘンチーとの間に2人の娘を持つブルックは、同書の中で13歳で初めて出会った故マイケル・ジャクソンとの友人関係にも触れているという。

メリッサ・マッカーシー、20キロ以上のダイエットに成功!

メリッサ・マッカーシーメリッサ・マッカーシーが45ポンド(約20.4キロ)も減量したという。メリッサは2人の娘と夫ベン・ファルコーンのためにより健康的な体を目指そうと、新しいダイエット法とエクササイズを実践しているのだとか。高タンパク質、低炭水化物の食事を心がけ、さりげないことを変えているだけで大きな効果が表れているというメリッサだが、ファンに愛されているそのふくよかな体型は維持するつもりであるため、ダイエットしすぎるつもりは一切なく、子供たちの良きお手本になるような、健康的で幸せなちょうどいい体型を目指しているだけのようだ。そんなメリッサは、以前よりハリウッド界での容姿についてのプレッシャーは一切感じていないと話していた。

ロビン・ライト、ベン・フォスターと婚約破棄

ロビン・ライトロビン・ライトとベン・フォスターが破局したようだ。2011年作『ランパート 汚れた刑事』をきっかけに知り合い、10ヶ月前に婚約していた2人だったが、間違いだったと感じたことで婚約破棄したのだという。婚約して以来、お互いのスケジュールが異常なほど忙しくなったという2人は、この夏、ベンがロンドンで『欲望と言う名の列車』の舞台製作に携わる一方で、ロビンはネットフリックスの人気シリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の撮影をボルチモアで行っており、距離を置いて過ごしたことでロビンがこの決断に至ったと言われている。過去にはデイン・ウィザースプーンをはじめ、2人の子供をもうけたショーン・ペンと結婚歴のあるロビンは、ベンとの間の14歳という年齢差も考えるようになり、これ以上ベンと続けていくことは出来ないと思ったようだ。

2014年11月10日 (月)

ジェシカ・ビール、妊娠!

ジェシカ・ビール、ジャスティン・ティンバーレイクジェシカ・ビールが妊娠したようだ。ジェシカは2012年10月に結婚した夫ジャスティン・ティンバーレイクとの間に第1子を妊娠したと報じられており、2人はこのニュースをとても喜んでいるという。今年8月には2人がここ数か月に渡って子作りに励んでいると報じられていたが、先週ジャスティンがamfARチャリティ・ガラに参加した際、ジェシカを連れてきていなかったため、ジェシカが妊娠しているのではないかという噂が飛び交っていた。その上、つい先日には、ジェシカのインスタイル誌の編集者で友人のアリエル・フォックスマンがインスタグラムに以前撮った写真と共にジェシカの妊娠をお祝いするコメントまで掲載していた。

マシュー・マコノヒー、南北戦争を描くゲイリー・ロス監督作出演へ?

マシュー・マコノヒーマシュー・マコノヒーが、新作映画『Free State Of Jones』に向けた出演交渉に入ったという。マシューは、南北戦争での反乱軍を率いたニュートン・ナイトを描くゲイリー・ロス監督作に興味を示しているようで、かつては南部連合支持者の採用担当であったが軍隊から離脱した後、ジョーンズ郡奪還に向けた軍隊を率いるに至ったナイト役に向けて交渉中だという。ストーリーが展開していくうちにナイトは1人の奴隷と結婚し、このことは南部で公になった初の人種混合の結婚となり、紛争が終わったのちには奴隷となった子供たちを解放する。この作品は長年映画化に取り組んでいたロス監督によって実現に至っている。

マット・デイモン、新作『Downsizing』に出演へ

マット・デイモンマット・デイモンが新作映画『Downsizing』に出演することになった。マットは小さくなっていく男性という社会風刺を描いたこのアレクサンダー・ペイン監督作で主演を務める方向だという。脚本をアレクサンダーとジム・テイラーが共に執筆したこの作品にマットが出演すると決めたことで、中国で撮影が開始されるチャン・イーモウ監督の大作『The Great Wall』への出演話がなくなったものとみられている。ペインとテイラーが脚本を共同執筆したのは今回が初めてではなく、2004年には『サイドウェイ』でアカデミー脚色賞を受賞しているほか、ジャック・ニコルソン主演の『アバウト・シュミット』も手掛けている。マットは『Downsizing』に取り掛かる前にリドリー・スコット監督作『The Martian』の撮影をするものとみられており、「ボーン」シリーズ最新作でジェイソン・ボーンとして返り咲く話し合いをユニバーサル・スタジオと行っているところだとも言われている。

2014年11月 7日 (金)

チャニング・テイタム、タランティーノ最新作に出演か!?

チャニング・テイタムチャニング・テイタムが、『The Hateful Eight』に出演するかもしれない。この作品はクエンティン・タランティーノが監督を務める西部劇で、同作の中での重要な役どころで、チャニングに白羽の矢が立っているという。もしチャニングが出演を決めれば、既に出演が決まっているサミュエル・L・ジャクソン、ブルース・ダーン、カート・ラッセル、ティム・ロスらと共演することになる。ワイオミングにおける紛争を舞台に繰り広げられる同作は、賞金稼ぎのハンター達が暴風雨の中宿を探そうと試みていたところ、仲間内の中で裏切りや欺きがどんどん明るみになっていくというストーリー。1度脚本が流失したことによってお蔵入り寸前だった本作だが、来年1月より製作がスタートする予定になっている。

ベネディクト・カンバーバッチが婚約!

ベネディクト・カンバーバッチベネディクト・カンバーバッチが、ソフィー・ハンターと婚約した。この2人の婚約は、タイムズ紙面の出生、結婚、死去などの告知欄で発表された。ベネディクトは演劇監督のソフィーと今年6月に全仏オープンを一緒に観戦しているところを目撃されて以来、恋の噂を囁かれていていた。2009年作『バーレスク・フェアリーテイルズ』の現場で出会ったという2人は最近、ロンドン内で一緒にいるところを目撃されていたものの、一緒にいる姿を写真に撮られたくなかったようで、時間差で同レストランに姿を現していたという。結婚式の日取りは今のところ未定らしく、1年前にベネディクトは結婚は急いでいないとコメントしていた。

ジェイク・ギレンホール、新作『Let it Snow』に出演決定!

ジェイク・ギレンホールジェイク・ギレンホールが新作『Let it Snow』に出演することが決定した。ジェイクとは『Southpaw』でタッグを組んだアントワーン・フークア監督が1990年に出版された小説『The Man Who Made it Snow』を元にメガホンを取る同作に、今回ジェイクが登場することになった。この小説は、仲間の裏切りを受け警察に通報されるまで、パブロ・エスコバルによるコロンビアのメデジン麻薬カルテルを10億ドルの価値のある企業に変貌させた男、マックス・マーメルステインの実話に基づいたストーリーとなっている。『エンド・オブ・ホワイトハウス』でも活躍したフークア監督がプロデュースも行う同作は、優先交渉権契約と製作費用の合意がIMグローバルと成立して以来、フークア・フィルムズの名の元で製作される初めての作品となる。

2014年11月 6日 (木)

クリスチャン・ベイル、スティーブ・ジョブズ伝記映画から降板!

クリスチャン・ベイルクリスチャン・ベイルが、ダニー・ボイルが監督を務めるスティーブ・ジョブズの伝記映画から降板したようだ。クリスチャンは自身が2011年に他界したアップル社の創業者を演じるのにふさわしくないと感じたようで、この作品から退くことを決めたという。同役の第1候補であったレオナルド・ディカプリオが出演を断ったことに続き、クリスチャンで2人目の大スターが同役の出演を辞退することになる。『スラムドッグ$ミリオネア』や『トレインスポッティング』でお馴染みのボイル監督は、アップル社の資産を築きあげたテクノロジー界の大御所ジョブズ氏の役を担う俳優を見つけるためのキャスティング会議を今週開くようだ。先週にはセス・ローゲンがアップル社の共同設立者で70年代にApple IおよびApple IIをジョブズと共同開発したスティーブ・ウォズニアック役を演じる方向で出演交渉を行っていると報じられていた。

チャーリー・シーンの元婚約者、薬物過剰摂取で病院搬送

チャーリー・シーン、ブレット・ロッシチャーリー・シーンの元婚約者が薬物過剰摂取で病院に搬送された。チャーリーの元婚約者ブレット・ロッシは、先週末、ロサンゼルスにあるシーダーズ・サイナイ・メディカル・センターに搬送され、集中治療室で一夜を過ごしたが、翌晩には普通病棟に移ったという。ポルノ女優として活動するブレットは、自宅で意識を失って倒れているところを友人によって発見されており、どのような薬物を過剰に摂取したかについては明かされていないものの、現在は回復に向かっているとのことだ。10月に8ヶ月の婚約期間を経てブレットと婚約破棄を発表していたチャーリーは、ブレットが破局をなかなか受け止めることが出来ないでいたため、心配していたとも言われている。

ロバート・ダウニー・Jrに女児が誕生!

ロバート・ダウニー・Jrロバート・ダウニー・Jrと妻スーザンに女児が誕生した。まだ名前は決まっておらず、2人の2歳半の息子エクストン君と、ロバートの元妻デボラ・ファルコナーとの息子インディオ(21)の妹になる。先週には、ロサンゼルスで行われた英国アカデミー賞主催のブリタニア・アワードでスタンリー・キューブリック・ブリタニア・アワードを受賞したロバートが、スーザンと生まれてくる赤ん坊に向けて心温まるスピーチをしていた。2005年にスーザンと結婚したロバートは以前、第3子を迎えることを楽しみにしているとしながらも、初の女児となるため、父親としてどう心の準備をしておくべきか人に聞きまわっているところだと不安も明かしていた。

2014年11月 5日 (水)

シェイリーン・ウッドリー、ピープルズ・チョイス・アワードで4部門にノミネート!

シェイリーン・ウッドリーシェイリーン・ウッドリーがピープルズ・チョイス・アワード2015で4部門にノミネートされた。シェイリーンは『ダイバージェント』でのテオ・ジェームズと『The Fault in Our Stars』でのアンセル・エルゴートとの2作品でフェイバリット・ムービー・デュオ部門の候補にあがったほか、フェイバリット・アクション・ムービー・アクトレスとフェイバリット・ドラマティック・アクトレスにノミネートされている。フェイバリット・ムービー・アクトレスに向けては、エマ・ストーン、ジェニファー・ローレンス、スカーレット・ヨハンソン、メリッサ・マッカーシー、アンジェリーナ・ジョリーがバトルを繰り広げることになり、フェイバリット・ムービー・アクターにはブラッド・ピット、チャニング・テイタムらが候補に挙がっている。ドラマ「Mom」で共演中のアンナ・ファリスとアリソン・ジャニーが司会を務める式典は、来年1月7日にロサンゼルスのノキア・シアターで開催され、PeoplesChoice.comで投票を受付中だ。

アンジェリーナ・ジョリー、政界進出に興味

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーが政界進出に興味を示している。アンジェリーナは自身の行っている大規模な人道的活動の延長として政界にも興味を持ち始めたとしているが、自身のハリウッド界でのキャリアがその妨げになる可能性があると認識しているようだ。国連のグッドウィルアンバサダーも務めるアンジェリーナは最近のインタビューで、政界に進出したいかと尋ねられた際、その可能性は閉ざしていないとコメントしている。8月23日にブラッド・ピットと挙式したアンジェリーナは、結婚したことで違った気分になったことも明かしており、夫と妻という感覚が良いものだと語っている。

トム・ハンクス、短編小説集を発表へ

トム・ハンクストム・ハンクスが、短編小説集を発表するようだ。先日ザ・ニューヨーカー誌に初のショートストーリーが掲載され、出版社のアルフレッド・A・ノップフと短編小説集を発売する契約を交わしたという。今後発売されることになるこのタイトル未定の本では、トムのタイプライターへの情熱とそれにまつわるエピソードがショートストーリーとしてまとめられる予定となっており、トムの個人的なタイプライターのコレクションの写真も掲載されるようだ。今回そんな出版契約を交わしたトムだが、先日掲載された初のショートストーリーでは「テクノロジーに古臭いアイデア」と批評家に表現されるなど、マイナスな評価が多かった。そんなトムはユーザーがタイプライターを使用しているような感覚を得られるアプリも作成しているほか、タイプライターのモデルの違いについてを綴ったエッセイを執筆したことがある。

2014年11月 3日 (月)

ジェイソン・ベイトマン、『IPO Man』の監督を務める!

ジェイソン・ベイトマンジェイソン・ベイトマンが、新作『IPO Man』の監督と主演を務めるという。WIRED誌に掲載された「Meet The Man Who Sold His Fate To Investors At $1 A Share」という記事をもとにした作品で、ジェイソンは自分自身を株式公開して話題となった主役マイク・メリルを演じる方向のようだ。マイクは自分自身を商品とし2008年、株価1ドルで10万株を公開し友人、家族、恋人、そのほかの人たちに928株を販売した。ちょっとしたマイクの好奇心からスタートしたこのプロジェクトは、自身の支配的権利は常にマイクが保持しているものの、投資家たちは専門的な分野でマイクがどのような方向に進むか管理する権限を持つもので、投資家達は最終的にマイク自身の人生にまで影響を及ぼすことになってしまったという実話が描かれる。

ミラ・ジョヴォヴィッチ、妊娠中の子供が女児と判明!

ミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチに女児が誕生予定であることが分かった。ポール・W・S・アンダーソンとの間に第2子が誕生予定のミラは、最近になってお腹の中の赤ん坊の性別を知ったそうだが、2人の6歳の娘エヴァーちゃんは弟でないことを知って特に喜んでいるのだという。妹が出来ると知って大興奮のエヴァーちゃんは、自分の物を妹に全てあげようと、両親に赤ん坊のために何も買わないように頼んでいるとか。8月に第2子の妊娠を発表したミラは、そのことにより自らが主演を務める夫ポールの監督作で「バイオハザード」シリーズ最新作となる『Resident Evil: The Final Chapter』の撮影を延期することを決定していた。

クリス・マーティン、破局の理由はグウィネス・パルトロウ!?

クリス・マーティンクリス・マーティンが破局したのは、グウィネス・パルトロウと親しすぎることが原因だったようだ。ジェニファー・ローレンスからたった4ヶ月の交際で別れを告げられてしまったと報じられているクリスだが、その理由はクリスとグウィネスの親しすぎる関係、そして過激化する2人の関係を追う周囲からの注目にジェニファーが疲れてしまったからだという。グウィネスとの間に2人の子どもを持つクリスは、今年3月に破局した後も子どもたちのためにグウィネスと親密な関係を続けており、どうやらその関係がジェニファーに不安感を与えてしまったようだ。また、ジェニファーはもう少し気楽な関係を望んでいたものの、クリスがかなり夢中になり過ぎたことも破局の原因の1つと見られている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ