2017年3月27日 (月)

スーザン・サランドン、リーアム・ニーソンとの交際説に歓喜

スーザン・サランドンスーザン・サランドン(70)はリーアム・ニーソン(64)との交際説が本当であったらと思っているそうだ。リーアムが「とても有名な人」と交際中であると発言した後、そのお相手として名前が挙げられたスーザンはとても感激したという。スーザンはアイルランド版サン紙に「すごく嬉しかったわ!1週間の天国って感じだったわね。最初に『リーアムの交際相手はスーザン』って見出しを読んだ時、私はまず『私も知らなかったわ!』って思ったけど、『真実は明かさないわ。みんなにそう思ってもらえたら光栄だもの』って思ったの」「リーアムとロマンスを繰り広げたくない人なんている?彼って完璧じゃない!ハンサムだし、魅力的だし、リーアム・ニーソンよ!夢見ない人なんていないでしょ」「その話がずっと続いてくれることを願うわ。意味深なツイートかなんかして、もっとその話を盛り上げれば良かった」「色々な噂や、私のことを書いた記事の中でこのニュースが恐らく最高だったわね。だから、真実にならないなんておかしいでしょ?お願いよ、この世界、実現させて!」「でも結局事実がバレちゃったのよね。まぁ、いいわ。私は現実と向き合わなければいけなかったけど。何日間は夢見させてもらったから」と語った。結局そのリーアムの発言は冗談であったことが後に代理人から発表されていた。

イアン・マッケラン、新作一人芝居でガンダルフを再演へ

イアン・マッケランイアン・マッケランが一人芝居となる新作舞台で「ロード・オブ・ザ・リング」で演じたガンダルフ役をまた演じるという。J・R・R・トールキン原作『指輪物語』と『ホビットの冒険』の映画作で演じたその魔法使いで人気を博したイアンは、ロンドンで公演される『Shakespeare, Tolkien, Others & You』という名の一人芝居で2014年作『ホビット 決戦のゆくえ』以来となるガンダルフ役を演じることになる。ロンドン北部フィンズバリー・パークにあるパーク・シアターで7月に上演されるこの新作では、同劇場の芸術監督ジェズ・ボンドが演出を手掛ける予定になっており、ガンダルフやマクベスなどイアンのキャリアにおける印象深い役柄を披露することになるようだ。そんなイアンは昨年、ガンダルフの姿をして結婚式の司祭を務めることに150万ドル(約1億6000万円)の巨額を持ちかけられたが、断ったと報じられていた。

エイミー・シューマー、実写版『バービー』を降板

エイミー・シューマーエイミー・シューマーが実写版『バービー』を降板した。マテル社が世界に誇るバービー人形をテーマにしたソニーが贈る実写版映画で主演を務めることになっていたエイミーが、スケジュールの都合により降板することを23日(木)に発表した。マテル社がウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド、エイミー・パスカルと共にプロデューサーを務めるこの新作では、美やフェミニズム、アイデンティティに対する現代的な見方が反映されると言われている。現段階では監督も決定しておらず、ソニーは当初の2017年5月12日から公開予定日を2018年6月29日まで延期している。そんなエイミーは最近ハリウッドでも引く手あまたの存在となっており、自身のコメディ番組のほか、ニコール・キッドマン、スティーヴ・カレルとの共演となる新作『She Came to Me』への出演も決まったところだ。

2017年3月24日 (金)

マイケル・シャノン、『デッドプール』第2弾出演か?

マイケル・シャノンマイケル・シャノンが『デッドプール』第2弾でケーブル役を演じる可能性が出てきた。製作会社フォックスがマイケルをケーブル役の第1候補として考えていると報じられており、主役デッドプールを演じるライアン・レイノルズと共演することになるかもしれない。『デッドプール』第1弾は世界中で興行収入7億8300万ドル(約870億円)を上げており、第2弾には『X-MEN』の世界のキャラクターたちが登場する方向だと言われている。ケーブル役のキャスティングについてはファンの間で長らく噂が飛び交っているが、多彩な演技の才能を持ったマイケルには数々の作品からオファーが寄せられているため、この仕事の受託に向けて唯一の問題点となるのはその多忙なスケジュールとなりそうだ。アカデミー賞へのノミネート経験もあるマイケルはこの春より撮影がスタートするインディペンデント映画『What They Had』への出演契約を最近交わしたところで、バンクーバーで予定されている『デッドプール』第2弾の撮影は今年夏よりスタートすることになっている。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、会話の出来る関係まで修復?

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがまた会話をするくらいの関係にまで戻っていると報じられている。昨年9月にブラッドと15歳の長男マドックスとの口論をきっかけにアンジェリーナが離婚を申請して以来、連絡を取る際には全て弁護士を通していた2人だが、徐々にその関係は改善してきているようで、今では直接会話をするまでになっているという。離婚の成立手続きと同時に、ブラッドはアンジェリーナに6人の子供たちの共同親権を求めているところだ。激しい離婚争いが繰り広げられているとみられていた2人だが、アンジェリーナは先月に行われたインタビューの中で、この経験により家族の絆が深まったとして、状況が改善の方向に向かっていることをほのめかしていた。

セレーナ・ゴメス、ディズニー・チャンネル時代のいじめ告白

セレーナ・ゴメスセレーナ・ゴメスがディズニー・チャンネル出演時代にいじめを受けていたことを明かした。同チャンネルで自身のキャリアをスタートさせたセレーナは、今月末よりネットフリックスでスタートするジェイ・アッシャーの小説『13の理由』を基にした同名タイトルのドラマのエグゼクティブ・プロデューサーを母マンディーと共に務めている。この作品はいじめを苦に自殺した10代の女子高生が自ら命を絶つことを決意する原因となった13人の人物について語ったカセットテープを基に繰り広げられるストーリーだ。セレーナは著者アッシャーが世界で最も大きな高校とも呼べるディズニー・チャンネルでの自身の経験を理解していたため、プロデュースを任せてくれたのではないかと語っている。

2017年3月23日 (木)

シャイア・ラブーフ、英リバプールで反トランプ大統領プロジェクト再開へ

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフが英リバプールで反トランプ大統領プロジェクトを再開するようだ。「HE WILL NOT DIVIDE US」と名づけられたこのプロジェクトは、ストリーミング放送されているカメラに向かって、人々が「HE WILL NOT DIVIDE US(彼は私たちを分裂させることなどできない)」と繰り返し口にすることが出来るような仕組みとなっており、トランプ大統領の任期期間である4年間に渡って続けられる予定となっていたが、参加者の身の安全が懸念されたことでアメリカでの展示が中止となっていた。そこで今回シャイアはリバプールにあるメディアアートセンター、ザ・ファウンデーション・フォー・アート・アンド・クリエイティブ・テクノロジー(FACT)にて同様の期間中、「HE WILL NOT DIVIDE US」と書かれた旗を掲げることに決めたのだという。

エリザベス・オルセンに新ロマンスの噂

エリザベス・オルセンエリザベス・オルセンが、ミュージシャンのロビー・アーネットと急接近しているようだ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』などでおなじみのエリザベスは、先日シンガーソングライターのロビーとニューヨーク内で腕を組んで歩いている姿が目撃された。「オルセン姉妹」として知られるアシュレーとメアリー=ケイトの双子を姉に持つエリザベスとロビーが付き合い始めたのはごく最近だとはいうものの、真剣な交際を進めているようで、互いに強く惹かれ合っているのは誰の目にも明らかだと言われている。

ブラッド・ピット、彫刻制作に没頭中

ブラッド・ピットブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動の気を紛らわせるために彫刻制作に没頭しているようだ。ブラッドは芸術家トーマス・ハウシーゴの協力の元、ロサンゼルス内のスタジオで作業をしているようで、15時間もその場で過ごすこともあるそうだ。もともと静かなタイプだというブラッドは、飲み会などに行って嫌なことを忘れようとするよりも、芸術作品に取り組んで生産的なことをするほうが良いのだそうだ。そんなブラッドは最近、6人に子供たちとより多くの時間を過ごせるようになってきているようで、状況も改善し、前向きな見方も出来るようになったそうで、以前よりも幸せそうな様子だという。ブラッドはアンジェリーナと協力して、子供たちに安心感をもたらそうとしているようだ。

2017年3月22日 (水)

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のベラ・ヒースコートが20歳年上映画監督と婚約

ベラ・ヒースコートおしゃれな新鋭女優として注目されるベラ・ヒースコート(29)が、かねてより交際していた20歳年上の映画監督・脚本家のアンドリュー・ドミニク(49)と婚約した。『フィフティ・シェイズ・ダーカー』などにも出演するベラは19日(日)、ダイヤモンドの指輪を左手の薬指にはめた自身と女優仲間のフィービー・トンキン、リリー・コリンズが一緒に写った写真をインスタグラムで公開し、その後ベラの代理人が婚約の事実を認めた。ベラは2月のヴァージン・オーストリア・メルボルン・フェスティバルでもそのダイヤの指輪をつけているところを目撃されていたが、プロポーズの詳細や結婚式の詳細はまだ明らかにされていない。

ケイト・ハドソンに新恋人!?

ケイト・ハドソンケイト・ハドソン(37)がミュージシャンのダニー・フジカワと交際していると報じられている。クリス・ロビンソンと結婚していたこともあるケイトは19日(日)、ロサンゼルスでダニーとデートを楽しんでいる際にキスをしている姿が目撃された。明らかに友人以上の関係に見えたという2人はカフェで昼食を取ったあと、ケイトの自宅へと戻っていったのだという。つい先日にもサンタモニカにあるレストラン、ジョルジオ・バルディで2人が親しげな姿が目撃されていたことから、熱愛の噂が飛び交っていたところだ。元夫クリスとの間にライダー君(13)をもうけており、ミューズのフロントマンで元婚約者のマシュー・ベラミーとも5歳の息子ビンガム君をもうけているケイトは、最近ではニック・ジョナスやDJディプロとの熱愛のニュースが報じられていた。

ガル・ガドット、第2子を出産!

ガル・ガドットガル・ガドットが第2子を出産した。8月25日日本公開予定の『ワンダーウーマン』の主演を務めるガルは20日(月)、夫ヤロン・ヴァルサノとの間に女児マヤちゃんをこの世に迎えたことを報告した。ガルは自身のインスタグラムに4人家族になった幸せな胸中をコメントし、ガルとヤロンが手をつなぎ、長女アルマちゃん(5)がベビーカーを押して病院から出て行く姿が写った写真を投稿している。昨年11月、ガルは大きなおなかを抱える自身とヤロンが一緒に写った写真をソーシャルメディアに投稿し、妊娠のニュースを発表していた。そんなガルは以前、娘がベビーシッターに世話されるのは嫌なため、自身の多忙な仕事に母親が一緒にきてくれることが嬉しいと明かしていた。 c)Instagram

2017年3月21日 (火)

アンジェリーナ・ジョリーの養子縁組手続き書類の不備発覚!?

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーの息子マドックスの養子縁組手続きの書類が、地元の援助活動従事者による偽造である可能性が出てきた。現在15歳のマドックスを2003年にカンボジアから養子に迎えたアンジェリーナだが、慈善団体の会長を務めるMounh Sarath氏が当時、手続きを迅速に行うため自身の名前をマドックスの父親としその地の住所までを書類に記載していたことを明かした。アンジェリーナはこの件について知らないと言われてはいるものの、Sarath氏は今でも法廷書類上では父親となっており、父親としての権利も所有していることになるという。マドックスの養子縁組の手助けを行ったエージェントは、カンボジアの子供たちをアメリカの家族との養子縁組を進める際に名前、誕生日、出生地を偽造したとして懲役刑を科せられている。

アマンダ・セイフライドが極秘結婚!

20170322_thomassadoskiamandaseyfrieアマンダ・セイフライド(31)がトーマス・サドスキー(40)と先週末に結婚していたことを明かした。アマンダと第1子が誕生予定のトーマスが極秘結婚していたことを『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』出演時に発表した。司式者と2人だけで田舎に向かい、アマンダの愛犬のみが参列する中、互いに用意していた違いの言葉を交わしたというその式が完璧であったとト0ますは明かした。そんな幸せなニュースの一方で、アマンダは先日から元恋人ジャスティン・ロングとのプライベート写真が流出する不運に見舞われている。ハッキング行為によって入手されたと思われるヌード写真などを掲載したゴシップサイトCeleb Jihadに対してアマンダの弁護団は直ちに掲載写真をサイトから削除することを求めている。

2017年3月20日 (月)

マリオン・コティヤール、第2子誕生!

マリオン・コティヤールマリオン・コティヤール(41)に第2子となる女児が誕生した。パートナーのギョーム・カネとの間に既に5歳の息子マルセル君をもうけているマリオンに2人目の女の子が生まれたことが報じられている。昨年9月、『マリアンヌ』の共演者であったブラッド・ピットとの浮気を疑われ、アンジェリーナ・ジョリーとの破局の原因になったという噂を立てられたマリオンは、インスタグラムでその噂を否定すると共に人生最愛の相手だとするギョームとの子供をまた妊娠していることを発表していた。そんなマリオンは以前、第1子のマルセル君の妊娠時には、おなかの中にいる赤ちゃんにより多くの選択肢を与えるためにも、嫌いなものをがんばって食べていたことを明かしていた。

2017年3月17日 (金)

ライアン・レイノルズ、東海岸を襲った嵐により英番組出演を急遽キャンセル

ライアン・レイノルズライアン・レイノルズが東海岸を襲った嵐ステラの影響でニューヨークから飛び立てず、予定されていた英テレビ番組への出演を急遽キャンセルすることになったという。ライアンは新作映画『Life』のプロモーションのため15日(水)、共演者のジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソンと英トークショーに出演する予定となっていたが、嵐ステラのためにニューヨークを飛び立つフライトがキャンセルとなり、直前で出演を取りやめる事態に陥ってしまった。一方でジェイクとレベッカは予定通り出演しており、ジェイクはライアンとの同年代でありながらもライバル意識を持たないという親しい関係について明かしていた。

グウィネス・パルトロウ、再婚も視野に?

グウィネス・パルトロウグウィネス・パルトロウ(44)が恋人ブラッド・ファルチャック(46)との再婚を考えているようだ。『アメリカン・ホラー・ストーリー』の脚本家であるブラッドとグウィネスは2014年8月から交際しており、グウィネスは将来的にブラッドと結婚することも視野に入れていると報じられている。グウィネスは元夫クリス・マーティンとの間に2人の子供を持っているが、ブラッドはこの子供たちともすでに強いつながりを持っているようで、クリスもブラッドのことを気に入るという。クリスとグウィネスは2014年に破局を迎えた後、今でも良い関係を築いているというが、ブラッドがプロポーズをする時が来たときにはグウィネスはそれを承諾するつもりだと言われている。

ミーシャ・バートン、セックステープ流出の可能性!?

ミーシャ・バートンミーシャ・バートンのセックステープが流出する可能性が出てきた。ミーシャ本人が写っているセックステープは50万ドル(約5700万円)から競売がスタートとするとみられており、いくつかの大手オンラインポルノサイトがこの競売に関心を示しているようだ。先日には叫びながら自宅の庭のフェンスによじ登り、そこから落下する姿が近隣住民によって目撃されていたミーシャはその後精神鑑定を受けるため、自主的にウェスト・ハリウッドにある病院へ搬送されたと報じられていた。そんな災難続きのミーシャだが15日(水)、記者会見の場で「自分自身のために戦う」と宣言している。そしてミーシャの弁護士はそのセックステープが元交際相手からの仕返しとして私的な動画を公開する「リベンジポルノ」であり、れっきとした性犯罪であるとして、公開した場合には法的手段を取る構えである意向を示している。

2017年3月16日 (木)

ベネディクト・カンバーバッチ、新作SF映画出演へ

ベネディクト・カンバーバッチベネディクト・カンバーバッチが新作『How to Stop Time』に出演することが決定した。『ドクター・ストレンジ』のベネディクトの出演が決まった新たなSF作品は、イギリスの小説家マット・ヘイグの小説を基に制作されることになるのだが、ベネディクトの製作会社サニーマーチとスタジオカナルがその原作の発刊前であるにもかかわらず映画版権を獲得したようだ。ヘイグ本人も主役の何百年にも渡って生きることができる能力を持つ男性トム・ハザード役を演じるのはベネディクトしか考えられないと太鼓判を押している。ヘイグの小説はこれまでに30か国語にも翻訳されており、『ラブラドールの誓い』『今日から地球人』などは日本語にも翻訳されている。ヘイグにとって4年ぶりとなる大人向けの小説『How to Stop Time』の映画版でベネディクトは主演のみならず、今年7月発刊予定の同作品を出版するキャノンゲイト・ブックスのCEOジェイミー・バイングとともにエグゼクティブプロデューサーも務めることになるようだ。

ベン・アフレック、アカデミー賞式典に断酒コーチを同伴していた

ベン・アフレックベン・アフレック(44)が今年のアカデミー賞式典でお酒を飲まないようにと断酒コーチを同伴していたようだ。アルコール中毒のリハビリ治療を受けていたことを先日明かしたベンが、先月26日にロサンゼルスのドルビー・シアターで開かれた華やかな同式典で道を外さないように専門家を同伴していたという。一度は破局した妻ジェニファー・ガーナーとの間に3人の子供を持つベンは、子供が一番大事だという理由でお酒を止めることを決意したという。14日(火)、フェイスブックでアルコール中毒の治療を完了したことを報告したベンは、その際自分の子供たちに助けが必要な時に助けを求めることは恥じることではないと分かって欲しいという願いと共に、助けが必要ながらも初めの1歩を踏み出すことを恐れている人にとって強さの源となって欲しいという思いを込めていいた。

『マトリックス』のリブート版が製作へ!

マイケル・B・ジョーダン『マトリックス』のリブート版製作が現在ワーナー・ブラザースによって進行中だという。ワーナー・ブラザースは同作品の出演者として、今をときめくマイケル・B・ジョーダンを候補に挙げているようだ。オリジナル「マトリックス」シリーズの脚本と監督を務めたラナ&リリー・ウォシャウスキー姉妹は、今のところ同リブート版の話し合いには参加していないというが、ワーナーとしては『マトリックス』リブート版の製作を進めていく前に、2人の承諾は得ておきたいと考えているようだ。オリジナル3作品のプロデューサーを務めたジョエル・シルバーが、リブート版の製作チームに加わるべくワーナーに交渉中だと言われているが、シルバーは2012年に自身が持つ全ての映画の所有権を約3000万ドル(約3億4000万円)でワーナーに売却している上に、ウォシャウスキー姉妹と不仲であることから、ワーナーはシルバーを加えることを渋っているとも言われている。

2017年3月15日 (水)

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にヨーダ登場!?

フランク・オズ夫妻ヨーダ役演じたフランク・オズが、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にヨーダが登場する事を示唆している。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』などでヨーダの声と操作を行っていたフランクは、サウス・バイ・サウスウェスト・フェスティバルの場でライアン・ジョンソン監督がメガホンを取る新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、もしくは他の『スター・ウォーズ』作品の中で再びヨーダの声を担当することはあるのか尋ねられた際、フォース・ゴーストとしてルークやレイに語りかけたり、フラッシュバックのシーンで戻ってくると語った。フランクが務めたヨーダの声は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の中でも、マズ・カナタがレイにルークの失われていた古いライトセーバーを手渡した際に映し出されたフラッシュバックの影像の中にも使われていた。

『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル監督、新作が決定

デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』の監督を務めたデイミアン・チャゼルが脚本を書いた『The Claim』が映画化されることになった。『ザ・クレイム』は自身の誘拐された娘を探しだそうと奮闘する一方で、他のカップルにその娘が自分たちの子供であると主張される災難に見舞われる、犯罪歴を持つシングルファーザーの男性を中心に描かれるストーリー。映画化がまだ決定していない優秀な脚本を選ぶザ・ブラックリスト賞に2010年に選ばれており、今回プロデューサーとしてオーシャンサイド・メディアのスコット・クレイトン、ルート・ワン・エンターテイメントのラッセル・レヴィン、モーション・ピクチャー・キャピタルのレオン・クラランスが参加することが発表された。撮影は今年後半からスタートするようで、公開は2018年を目指している。

マシュー・ヴォーン、『マン・オブ・スティール』続編監督へ?

マシュー・ヴォーンマシュー・ヴォーン監督が『マン・オブ・スティール』続編のメガホンを取る可能性が出てきた。ヘンリー・カヴィルが主役を務めるスーパーマンの単独映画第2弾の製作は昨年8月に発表されていたが、その監督候補としてヴォーンが現在ワーナー・ブラザース・ピクチャーズと話し合いを始めたという。『ダークナイト』のクリストファー・ノーランが原案・製作、デヴィッド・S・ゴイヤーが脚本を担当した2013年作『マン・オブ・スティール』では、ヴォーンが2010年に監督のオファーを断ったためザック・スナイダーが監督を務めていた。ヴォーン監督はこれまでに2010年作『キック・アス』、2011年作『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』のメガホンを取り、『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』『X-MEN: フューチャー&パスト』『ファンタスティック・フォー』のプロデューサーを務めてきたため、コミックブックを基にした作品作りは経験豊富である。

2017年3月14日 (火)

ローレンス・フィッシュバーン、元ポルノ女優の娘が逮捕

モンタナ・フィッシュバーンローレンス・フィッシュバーンの元ポルノ女優の娘が飲酒または麻薬の影響下での運転(DUI)の罪で逮捕された。ローレンスの長女モンタナ・フィッシュバーンは前にいたレンジローバーに衝突し、事故現場の周辺を「支離滅裂」な様子で歩き回っていたとしてフロリダの自宅近くで逮捕されたという。警察の報告書によれば、警察官が現場の状況を確認している間にモンタナはその高速脇で排尿までしていたそうだ。これによりDUI関連の3件の罪で拘束されたモンタナは、ブロワード郡保安官事務所の拘置所で一夜を過ごしており、最高3年間の実刑を科される可能性もあるという。ローレンスの前妻ハジャ・O・モスとの子供であるモンタナは、女優として成功しなかったためにアダルト作品の世界へ足を踏み入れており、それを恥じた父と疎遠になっていると2011年に明かしていた。 (C) Instagram

デイヴ・フランコとアリソン・ブリーが結婚!

20170313_alisonbriedavefrancoデイヴ・フランコとアリソン・ブリーが結婚した。『グランド・イリュージョン』のデイヴと『How To Be Single』のアリソンが極秘結婚していたことを2人の代理人が認めたものの、結婚式に日にちなどの詳細は明かしていない。2人は2015年8月に婚約しており、以前にデイヴは大きな結婚式は望んでおらず、アリソンと駆け落ちすることも考えていると語っていたことがある。アリソンは結婚したいとも思っていなかったがデイヴに出会ったことでその考えが変わったと明かしており、デイヴは飼っていた猫達とアリソンが一緒に住んでくれることを受け入れてくれたことが結婚の決め手だったと話していたこともあった。

ロマン・ポランスキー監督に渡米の可能性?

ロマン・ポランスキーロマン・ポランスキー監督が渡米する可能性が出てきた。『戦場のピアニスト』『チャイナタウン』『ローズマリーの赤ちゃん』などで知られるポランスキー監督は、1977年3月11日にジャック・ニコルソンの自宅にて当時13歳だった子役モデルのサマンサ・ゲイリーを強姦したとして逮捕され、未成年との非合法的な性交渉で有罪を主張し、司法取引によって精神鑑定を受けていた42日間を拘留期間として認められていたがその後裁判官がこの司法取引を取り消し、実刑判決を下されることになると耳にしたことで1978年にフランスへ亡命し、その後一度もアメリカには渡っていない。しかしここにきてポランスキーの弁護士は、ポランスキーに懲役刑を課さないことを前提に、逃亡中という身柄の解決に向けて交渉に応じる旨を綴った書類を裁判所に提出したのだという。そこではアメリカでの拘留期間とスイスでの自宅監禁期間を合わせればおよそ400日間もの刑期を満たしたと主張しているようだ。

2017年3月13日 (月)

『アバター』続編、再び公開日延期へ

ジェームズ・キャメロン『アバター』の続編が再び公開延期になり、2018年に公開されないことがわかった。ジェームズ・キャメロン監督がメガホンを取った2009年公開の大ヒット作の続編は以前も公開の延期が発表され2018年12月21日に公開予定となっていたが、再び公開日が変更になった。そんなキャメロン監督は以前、新作『アバター』4作品を同時に製作していく予定だと語っていた。個々が別々の作品となるのではなく、ミニシリーズのように全てで1つの大きな作品となると説明するキャメロンは、計8時間に及ぶストーリーを同時に撮影していくことの難しさについても明かしていた。

デミ・ロヴァート、新恋人との順調交際を認める

デミ・ロヴァートデミ・ロヴァートが、新恋人のギリェルメ・ヴァスコンセロスと楽しい時間を過ごしているとコメントした。昨年から総合格闘家のギリェルメと交際中のデミは、2人の交際について尋ねられた際、とても順調であることを明かし、自身の人生が今すごく良い状態にあると満足ぶりを語った。そんなデミは昨年7月にギリェルメと短期間に渡って交際した後、元UFC世界ミドル級王者のルーク・ロックホールドと付き合い始めたが、恋人よりも友達の方が良いという結論にたどり着き、互いに納得の上でその関係にピリオドを打った。そして新年にロサンゼルスでギリェルメとロマンチックなデートをしているところを目撃されたことでまた交際説が浮上し、それ以来順調に交際中のようだ。最近では、デミ本人もギリェルメのことについて躊躇なく公の場でも口にしており、今回もよく笑わせてくれると嬉しそうに明かしていた。

ニコラス・ケイジの息子に1年間の懲役刑?

ウェストン・ケイジニコラス・ケイジの息子ウェストン・ケイジ(26)が、薬物やアルコール影響下での運転(DUI)と事故現場からの逃走の罪で1年間の懲役刑を受ける可能性が出てきた。ウェストンは今年2月、薬物やアルコール影響下での運転中に接触事故を起こし、事故現場から逃走したため警察に追跡され、最終的にロサンゼルスのサンフェルナンド・バレーで木に衝突した末に逮捕されており、DUIに対し1件、接触事故からの逃走に対し2件の罪に問われている。逮捕当時ウェストンの血中アルコール濃度は法的許容量の2倍であったという。クリスティーナ・フルトンを母に持つウェストンは以前から自身がアルコール中毒であることを明かしていたが、2015年のインタビューでは、息子が生まれたことをきっかけに禁酒したと語っていた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ