2015年7月27日 (月)

ドウェイン・ジョンソン、ブラッド・ペイトン監督と再タッグ!

ドウェイン・ジョンソンドウェイン・ジョンソンが、『カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトン監督とゲーム「Rampage」を基にした新作映画で再タッグを組むことになった。アレクサンドラ・ダダリオも出演していた『カリフォルニア・ダウン』が今年驚異的なヒットを飛ばしている中、再び共に仕事をすることになったドウェインとペイトン監督だが実はこの2人、2012年作『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』でも一緒に仕事をしている。そんな名コンビの2人が取り掛かる今回の新作は、プレーヤーが3人のモンスターを操り、ビルを破壊していくという1986年にリリースされたゲームを基にしたストーリーとなるようだ。

ヘンリー・カヴィル、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に出演?

ヘンリー・カヴィルヘンリー・カヴィルが『フィフティ・シェイズ・ダーカー』へ出演するかもしれない。『マン・オブ・スティール』でお馴染みのヘンリーは、主役アナスタシア・スティールの上司であるジャック・ハイド役を演じるのではないかと噂されている。しかし、ジェイミー・ドーナンやダコタ・ジョンションも再び出演する同作のプロデューサー陣からは公式の発表はまだ出ておらず、ヘンリーもコメントを控えている。その一方で「フィフティ・シェイズ」シリーズの著者であるE・L・ジェームズは最近、新作を1冊書き上げ、さらに現在別の作品も執筆中でその作品は中盤程まで書き上げたところだと明かしていた。

ケイト・ハドソン、マイケル・コースと世界飢餓に向けた時計をデザイン

ケイト・ハドソンケイト・ハドソンとマイケル・コースが、世界的規模の飢餓と戦うための時計をデザインした。ケイトはマイケルが2013年に発足した「ウォッチ・ハンガー・ストップ」キャンペーンに向けて、マイケルと共同でブラッドショーのスタイルの限定版2種をデザインした。10月に発売開始となるそのブラッドショーの時計は、100点販売ごとに国際連合世界食糧計画を通じて恵まれな子供たち100人に栄養価のある食料を供給することになる。この取り組みについて自身も2児の母であるケイトはこれ以上重要なことはないと考えているそうで、一方のマイケルもケイトが「やれば出来る」という姿勢をもたらしてくれるとして、今回の提携を喜んでいるという。この時計は世界のマイケルコース各店のほか、アメリカではmichaelkors.comで10月から発売開始される。

2015年7月24日 (金)

ディズニー、『王様の剣』を実写化へ!

ブリガム・テイラーディズニーが『王様の剣』を実写化するようだ。T・H・ホワイト著作の同名タイトル小説を元に1963年に製作されたアニメーション映画の実写化に向け、『ゲーム・オブ・スローンズ』の脚本家ブライアン・コグマンが脚本を執筆中で、ブリガム・テイラーがプロデューサーとして参加するという。エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』、スカーレット・ヨハンソンやルピタ・ニョンゴ、ビル・マーレイの出演が決まっている『ジャングル・ブック』の実写化に続き、同作がディズニーの新作実写版映画スケジュールに加わることになった。最近では、ユアン・マクレガーが『美女と野獣』で執事ルミエールを演じることが明らかになっている。

シャーリーズ・セロン、オバマ大統領をストリップクラブに誘っていた!?

シャーリーズ・セロンシャーリーズ・セロンが、バラク・オバマ米大統領をストリップクラブに誘ってしまったそうだ。緊張するとかなり不適切な態度を取る傾向にあるシャーリーズは、オバマ大統領に面会した際、どうしていいか分からず新たな人口動態を研究するためにストリップクラブに行くことを提案してしまったという。「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演した際にこのエピソードを明かしたシャーリーズは、大統領がジミーの番組のようなトーク番組に出演することで新たな観衆とつながりを持てると話した際に、他の方法としてストリップクラブを提案してしまったのだそうだ。大統領はそんなシャーリーズを落ち着かせようと最善を尽くしてくれたそうだが、シャーリーズはその後数週間に渡ってその瞬間を何度も思い返さずにはいられなかったそうだ。

ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー、共に新居へ引越し

ベン・アフレック、ジェニファー・ガーナーベン・アフレックとジェニファー・ガーナーが新しい家に一緒に引っ越すようだ。3児の子供をもうけている2人は先月に破局を発表しているものの、ジェニファーが現在取り掛かっている『Miracles From Heaven』の撮影場所ジョージアから戻り次第、ロサンゼルスにあるブルック・シールズ宅を借りる予定だ。2人がロサンゼルスに持つ自宅はベンが敷地内の別棟に入居するとみられる方向で現在大掛かりな改築工事が進んでおり、一家は工事現場に住みたくないため、仮住まいを見つけることにしたのだという。ブルックと夫のクリス・ヘンチーはニューヨークに主に滞在していることから、ベンとジェニファーの自宅からほど近い場所にある5寝室と5つ半のバスルームを備えたその物件を先月に月3万ドル(約371万円)の家賃で市場に出していた。

2015年7月23日 (木)

バックストリート・ボーイズとイン・シンク、西部劇風ゾンビ映画でコラボ!?

バックストリート・ボーイズバックストリート・ボーイズとイン・シンクが、西部劇風ゾンビ映画でコラボレーションすることになるようだ。1990年代ヒットチャートでライバル同士だったこの2つのボーイズバンドは、『シャークネード』などのホラー映画を得意とする製作会社とともに新たなホラー作品を作ることに正式に合意した。出演だけでなく同作で脚本にも携わるというバックストリート・ボーイズのニック・カーターは、この作品を未来型の西部劇ゾンビホラー映画と表現しており、バンドメンバー達がゾンビ反乱に立ち向かうことになるという。イン・シンクのジョーイ・ファトーンの出演がすでに決定しているほか、ニックは1990年代から2000年代の音楽シーンにいた中であまりこれまで映画に出演していないアーティストに声をかける方向のようだ。

イアン・マッケラン、『ミッション:インポッシブル2』出演断っていた!

イアン・マッケランイアン・マッケランが、『ミッション:インポッシブル2』の出演を断っていたことを明かした。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズではガンダルフ役として、「X-MEN」シリーズではマグニートー役で登場していたイアンだが、アクション映画シリーズ「ミッション:インポッシブル」の出演を断った決断が自身の俳優人生のターニングポイントだったという。ストーリー全体の脚本を見られなかったことが断った理由だったというが、トム・クルーズとの共演話を断ることにはエージェントから大反対を受けたそう。しかし、その直後にブライアン・シンガーとピーター・ジャクソンの両監督から2大人気シリーズの出演依頼を受けるに至ったそうだ。

ベニチオ・デル・トロ、『スター・ウォーズ8』で悪役に?

ベニチオ・デル・トロベニチオ・デル・トロが、『スター・ウォーズ8』でメインの悪役を演じる方向だという。今年12月に公開予定となっているシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編となる同作に向けて、ベニチオが出演交渉を行っているところのようだ。話し合いはまだ初期段階にあるものの、ディズニーとルーカスフィルムの両社はライアン・ジョンソンがメガホンを握るこの新作へのベニチオ獲得に本腰を入れているという。ベニチオの持つ気まぐれな脅威を表現する能力はJ・J・エイブラムス監督がジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、オスカー・アイザック主演の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で描きだす多様な世界をさらに展開していくのに最適だと考えられているようだ。『スター・ウォーズ8』は2017年5月26日の公開に向けて来年初頭にも撮影がスタートする予定になっている。

2015年7月22日 (水)

カーラ・デルヴィーニュ、破局か?

カーラ・デルヴィーニュカーラ・デルヴィーニュと歌手のセイント・ヴィンセントが、8か月間の交際を経て破局したという話が浮上している。しかしつい先日、カーラはあるインタビューの中でヴィンセントとのラブラブぶりを語っていたばかりだったため、今回の破局報道は驚きを持って受け止められている。また、最近では大作『スーサイド・スクワッド』への出演なども含めてモデル業より女優業に熱心なカーラは、自身を刺激してくれる存在だというヴィンセントと恋していることが演技の助けにもなるとして、ヴィンセントの存在に感謝を述べていたばかりだった。

ジョニデ娘、リリー・ローズ・デップがシャネルの広告塔に!

リリー・ローズ・デップリリー・ローズ・デップがシャネルの新しい広告塔に起用された。ジョニー・デップと元パートナーのヴァネッサ・パラディの娘リリー・ローズは、パールがあしらわれたシャネルの新作アイウェアコレクションの広告動画に登場しており、同ブランドのデザイナーであるカール・ラガーフェルドはスターの要素を兼ね備えた次世代を代表する存在であると絶賛している。母ヴァネッサも90年代初頭からシャネルの広告塔に登場していたことから、リリー・ローズがカールと親しい関係であることもさほど驚きではない。シャネルの新作アイウェアコレクションは今年9月より販売スタートとなる。

キャリー・フィッシャー、『スター・ウォーズ』本を執筆

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーが、『スター・ウォーズ』についての本を執筆しているようだ。『スター・ウォーズ』初期3作品にレイア姫として出演していたキャリーは、当時撮影現場で起きたことなど細かに記録していたようで、今回その出来事を書籍として出版することにしたという。この書籍ではジョージ・ルーカスと衣装の下にブラジャーをつける、つけないを巡り撮影現場で喧嘩になった逸話などが含まれるようで、同作の幹部たちは大人気シリーズの舞台裏を皮肉に書き上げて欲しいと願っているようだ。そんなキャリーは、今年12月公開予定の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に再びレイア姫として登場することになっている。

2015年7月21日 (火)

エマ・ワトソン、新作撮影現場で誘拐未遂事件!?

エマ・ワトソンエマ・ワトソンが新作映画の撮影現場で、誘拐計画の標的になっていたという。現場となっているロンドン近郊のシェパートン・スタジオで働く2人がエマ誘拐の計画を練っていたというが、その計画を耳にしたタクシー運転手がスタジオ上層部へと警告したため、未遂に終わったのだとか。東欧出身の清掃員とみられるこの2人は、タクシーに乗った際、運転手がその言語を理解できると知らずに外国語でその計画について話していたそうで、連絡を受けたスタジオ側は7月17日、実写版『美女と野獣』の撮影現場にあるエマのトレーラー外に警備員を配置させたという。この新作ディズニー映画でベル役を演じているエマは、これまでにも何度か身の危険を感じたことがあり、2011年にアメリカの大学に在学中、数々の悪質な手紙を受け取ったことでボディガードを常時つけることになったほか、2014年にも『ノア 約束の舟』の撮影現場に熱狂的なファンが不法侵入したため、撮影自体が中止となる事態になったこともあった。

ブラッドリー・クーパー、新恋人とすでに子作りの話し合い!?

ブラッドリー・クーパーブラッドリー・クーパーが、現在交際中のイリーナ・シェイクと子作りの話し合いをしているという。今年5月に長期間交際してきたスキ・ウォーターハウスと破局したブラッドリーは、その直後に交際を始めたロシア人モデルのイリーナとすでに家族計画も立てているというのだ。先日には、数週間一緒にいる姿を写真に撮られていなかったことから破局説が飛び交っていたブラッドリーとイリーナだったが、一目で愛し合っているカップルだと分かるほどにラブラブだそうで、ブラッドリーがロンドンで行われている舞台「エレファントマン」に出演している今も時間を作って出来るだけ一緒に過ごすようにしているようだ。

デミ・ムーア宅のプールで男性の遺体見つかる

デミ・ムーアデミ・ムーア宅のプールで、7月19日、男性の遺体が見つかった。遺体が見つかる前日にはビバリーヒルズにあるデミ宅でパーティーが行われていたそうだが、デミは現在国外に滞在中でデミの3人の娘たちルーマー、スカウト、タルーラらも自宅にはいなかったという。警察の話によれば、この男性は泳げなかったようで、滑ってプールに落ちたという事故死という見方が強く、現在も調査は続いているものの、殺人の可能性は低いとみているようだ。この男性はデミのアシスタントや娘たちを通じてパーティーに参加していたという。この件に関してデミは、非常にショックを受けており、同じ親として子供を失った辛さは計り知れないとコメントを出している。

2015年7月17日 (金)

ユアン・マクレガー、『トレインスポッティング』続編に再登場!

ユアン・マクレガーユアン・マクレガーが、『トレインポッティング』の続編に再び登場することになった。約20年前に公開となったダニー・ボイル監督のオリジナル作品の中でヘロイン中毒の若者レントンを演じたユアンは、ボイル監督が2000年作『ザ・ビーチ』の主演に自分ではなくレオナルド・ディカプリオを起用したことでボイル監督と仲たがいしていたようだが、ようやく和解し、今回の続編出演が決まったようだ。ユアンがまた中心のキャラクターとなるというこの新作に向けて、ユアンは脚本にも意見を出しているところだそうで、再び出演が決まっているロバート・カーライルやジョニー・リーらと共に来年1月よりスコットランドで撮影が始まるようだ。

レオナルド・ディカプリオ、18億円を寄付!

レオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオが、チャリティ団体に1500万ドル(約18億5000万円)寄付した。ディカプリオが環境と絶滅危惧種の保護のために1998年に立ち上げた財団は、この巨額を世界中にある革新的で効果が十分に出る地球保護活動を行っている30以上の環境保護団体に寄付すると発表した。ディカプリオは見逃すことの出来ないペースで地球環境破壊が進む中、問題解決に取り組む団体に協力できることを誇りに思うとコメントを出しており、Amazon Watch、 National Geographic: Pristine Seas、Save the Elephants、World Wildlife Fundなどの団体へ支援を行うという。そんなディカプリオは、昨年行われた世界中の野生動物生息地区保護に向けた自身主催のチャリティ・ガラでも2500万ドル(約31億円)の寄付金を集めていた。

ハル・ベリー、養育費を巡るバトル開始!

ハル・ベリーハル・ベリーと元交際相手の間で養育費を巡る裁判が、7月14日スタートした。昨年ハルはロサンゼルスの裁判所に元恋人ガブリエル・オーブリーとの間にもうけた7歳になる娘ナーラちゃんを育てるためのガブリエル側に支払う養育費を月1万6000ドル(約198万円)から月3800ドル(約47万円)程度に引き下げて欲しいという嘆願書を提出しており、今回その件を巡る裁判が始まった。当初ガブリエルがナーラちゃんの子育てをしっかりと行うならばその額の支払いは問題ないとしていたハルだが、ガブリエルは仕事もせずにその養育費を自身の為に使っているとみたハルがガブリエルに仕事を見つけさせる必要があるとしてこの処置を取ろうとしている。一方ガブリエル側は2012年にハルの現在の夫オリヴィエ・マルティネスに暴力を振るわれてからというもの、仕事を見つけることが難しいと反論しているようだ。

2015年7月16日 (木)

『ランボー』第5弾でISとの戦闘はない!

シルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローンが、『ランボー』第5弾の中でイスラム過激派組織イスラミックエステート(IS)と戦うことは無いようだ。ベトナム帰還兵ジョン・ランボーとして『Rambo V: Last Blood』に再び登場するスタローンがサンディエゴで行われたコミコンの会場で、新作の中でランボーがISと戦うと発表したという噂が流れていたが、実際にはスタローン自身はコミコン自体にも参加しておらず、そのような発表をした事実はないとスタローンの代理人がコメントを出した。2008年作『ランボー/最後の戦場』の続編となる新作のために、ISの本拠地を調査中で、中東でロケ地を探しているところだとスタローンが発言したという報道が多数されていたが、現在はその情報が誤りであったとして削除されている。

テイラー・スウィフト、セット故障でステージに立ち往生

テイラー・スウィフトテイラー・スウィフトが、7月13日のステージで立ち往生するハプニングに見舞われたようだ。現在敢行中のワールドツアーのワシントンD.C.公演をナショナルズ・パークで行っていたテイラーだが、可動式のステージが突然故障したため、その場から動けなくなる事態となったという。しかし、そんな状況にもめげることなくテイラーはプロ根性でその気まずい状態を切り抜け、観客にステージ装置が故障したことを伝えた後、その場でパフォーマンスを続けたそうだ。思わぬハプニングに見舞われたワシントン公演だが、幕開けではスペシャルゲストとしてロードが登場し、ヒット曲「ロイヤルズ」をテイラーと共に歌い上げていた。テイラーはこの「1989」ツアー中、数々のセレブの友人たちをステージに迎えており、これまでにニック・ジョナスやカーラ・デルヴィーニュ、ジジ・ハディッドなども登場している。

サンドラ・ブロックが出品した靴が1000万円以上で落札!

サンドラ・ブロックサンドラ・ブロックが出品した「怪盗グルー」シリーズでおなじみのミニオンをテーマにした靴がなんと8万4850ドル(約1047万円)で落札された。ルパート・サンダーソンが手掛け、自身によるサイン入りの10足の靴をオークションに出品したサンドラは、ロサンゼルスのレイマート・パークにある孤児や里子の教育を支援するチャリティ団体「アート+プラクティス」のために4万2425ドル(約520万円)の資金を集め、さらに同額を自ら支払って倍額の8万4850ドルとした。自身もスカーレット・オーバーキルの声で出演している映画『ミニオンズ』のプレミア試写会が先日ロンドンで行われた際に、サンドラはもともと1足800ドル(約9万9000円)であるというその靴をレッドカーペットならぬイエローカーペットで披露していた。

2015年7月15日 (水)

スーザン・サランドン、『テルマ・アンド・ルイーズ』同窓会ツアーを計画中!

スーザン・サランドンスーザン・サランドンが、『テルマ&ルイーズ』同窓会ツアーを計画しているという。1991年に発表されたリドリー・スコット監督のロードムービー『テルマ&ルイーズ』が公開25周年を迎えるにあたり、スーザンやジーナ・デイヴィス、ブラッド・ピットらを含む共演者たちは同窓会のようなかたちの集まりを行おうと話し合っているところだそう。スーザンはトロントの劇場で同作が上映されているのを数年前に目にしたそうだが、見事な映画だとその作品の出来栄えに改めて感嘆したそうで、スコット監督の描写の仕方を絶賛している。

アマンダ・セイフライド、大麻の合法を呼びかけ

アマンダ・セイフライドアマンダ・セイフライドは、大麻を合法化するべきだと考えているようだ。自分自身が大麻を吸うことはないアマンダだが、多くの大麻使用者はそれぞれ責任を持って使用しており、アルコールの方が社会に与えるダメージは大きいとして大麻の合法化を訴えた。新作映画『テッド2』の中でしばしば麻薬を喫煙具から吸引する姿を見せる弁護士役を演じているアマンダは、大麻や大麻使用に使う道具などを目にすることがタブーとされている理由が理解できないとしている。アマンダは実生活でも大麻を吸いたいとは思うものの、パニック障害を患っており、この2つを混合してはいけないため、吸うことは出来ないのだそうだ。

ジョン・ステイモスがリハビリ施設へ入所

ジョン・ステイモスドラマ「フルハウス」などで知られるジョン・ステイモスが、薬物治療のためリハビリ施設へ入所した。ジョンは先月、ビバリーヒルズ内で飲酒および麻薬の影響下での運転(DUI)の罪により逮捕された後、疾患がある可能性があるとして病院へと搬送されていた。警察側はジョンがサンタ・モニカ・ブールバードで無謀な運転をし始めた際に飲酒の影響下にあると警戒し、逮捕に至ったようだが、その後疾患の可能性が出てきたため、監視のために病院へと搬送していた。その一件の後にジョンはツイッターでファンの応援へお礼をするとともに、病院で治療を担当したスタッフ達にも感謝のメッセージを投稿していた。ジョンはこのDUIの罪に対して9月11日に出廷予定となっている。

2015年7月14日 (火)

ジェニファー・ローレンス、罵り言葉を叫んで120万の募金に成功

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、罵り言葉を叫ぶことによって1万ドル(約120万円)の募金を集めた。コナン・オブライエンのトーク番組「コナン」内で『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』の共演者であるリアム・ヘムズワース、ジョシュ・ハチャーソンらと自身の口の悪さについて討論していたジェニファーに対し、司会のコナンが30秒の間に言えるだけの罵り言葉を叫べば一語に対して100ドルを支払い、その2倍額をジェニファーの選んだチャリティ団体に寄付するという約束をした。結果的には用意された募金箱に5000ドルほどがあつまったため、その倍額の1万ドルをコナンが寄付することになった。

ベン・アフレック、監督兼脚本担当で『バットマン』単独作制作へ?

ベン・アフレックベン・アフレックが、自ら脚本と監督を担当して『バットマン』の単独作を作るようだ。ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じる『Batman vs Superman: Dawn of Justice』でバットマン役を演じているベンだが、DCコミックのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジェフ・ジョンズと共同執筆した脚本を基にバットマンだけを主役に据えた作品を制作する方向だと言われている。その脚本の執筆はすでにかなり進んでいるようで、秋前にも完成する見込みだそうだ。そんなベンは先日、バットマンというキャラクターがシェイクスピア作品のハムレットのように数々の異なる描写が可能なキャラクターだという考えを語っていた。

エヴァ・メンデス、『ワイルド・スピード』第8弾で復帰!

エヴァ・メンデスエヴァ・メンデスが、「ワイルド・スピード」シリーズ第8弾で復帰を果たすようだ。2003年発表のシリーズ第2弾『ワイルド・スピードX2』に出演し、2011年の第5弾『ワイルド・スピード MEGA MAX』にもカメオ出演していたエヴァは、第8弾で再びFBI捜査官モニカ・フェンテス役で戻ってくる契約を交わしたと報じられている。エヴァ扮するモニカはドミニック・トレット(ヴィン・ディーゼル)、ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)、その仲間達とタッグを組み、ニューヨークで新たな悪役と戦うことになるとも言われている。また、先日にはジェイソン・ステイサムも第7弾作品『ワイルド・スピード SKY MISSION』で演じたデッカード・ショウ役で最新作に再登場することが明かされていた。

2015年7月13日 (月)

レオナルド・ディカプリオ、世界の優れた芸術作品収集家に仲間入り!

レオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオが、世界の優れた芸術作品収集家の1人に選出された。アートニュース誌が毎年発表する世界の芸術作品収集家200人のリストに名前が掲載されたディカプリオは、現代芸術、コミック本、希少な本、化石などを集める素晴らしい収集家として称えられており、その中でもジャン=ミシェル・バスキアの絵画は逸品だという。ディカプリオは普段、自身の芸術コレクションについて語ることはあまりないものの、現在そのコレクションの中にはピカソ、村上隆、エド・ルシェ、アンドレアス・グルスキー、サラ・ルーカス、エリザベス・ペイトンらの作品が含まれているそうで、スイスとマイアミで開催される世界最大のアートフェア、アート・バーゼルの常連であるほか、ロサンゼルス群立美術館で毎年行われるアート+フィルム・ガラの議長も務めたことがあるほど。

マリサ・トメイ、新生『スパイダーマン』に出演か?

マリサ・トメイマリサ・トメイは現在、スパイダーマンの伯母メイ役で出演交渉が行われている。『いとこのビニー』『ハート・オブ・ウーマン』などに出演していたマリサは、マーベルとソニーが共同で制作する再リブート版『スパイダーマン』にピーター・パーカーを育てた伯母役での出演を打診されているという。先日トム・ホランドが主役ピーターを演じることが決まり、マリサも先週出演依頼を受けたところだという。『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』にトムはスパイダーマンとしてカメオ出演すると言われているところだが、マリサがこの作品に出演する可能性は低いとみられている。

アシュトン・カッチャーとミラ・クニス、ハネムーンはヨセミテ国立公園

アシュトン・カッチャー、ミラ・クニスアシュトン・カッチャーとミラ・クニスが、ヨセミテ国立公園でハネムーンを楽しんだようだ。先週末に披露宴を行った2人は、生後9か月の娘ワイアットちゃん共に同地のハーフドームとグレイシャーポイント近くに位置するアワニーホテルでランチを楽しんでいる姿を、あるツイッターユーザーに目撃された。夫妻はその人物との写真撮影を丁寧に断ったというが、代わりに握手を申し出たそうだ。今月4日の独立記念日にカリフォルニア州オーク・グレンにあるパリッシュ・ランチのシークレットガーデンで家族や友人を招いて極秘挙式した2人だが、その披露宴はとてもリラックスしたものだったそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ