詩人最果タヒ絶賛!新たな愛の傑作『マティアス&マキシム』へ寄せた新作に、切なさと恋しさが溢れ出す――。

0828_006


グザヴィエ・ドラン監督最新作『マティアス&マキシム』が 9 月 25 日(金)より全国公開となる。 本作はこれまで監督が一貫して描き続けてきた“母と子”というテーマから一新、二人の青年の友情と揺れる恋心に焦点を当てた青春ラブストーリー。溢れ出る愛おしさ、触れたい衝動、相手を追いかける眼差しなど、スクリーンに映し出される全てが「恋」そのものを物語る新たな愛の傑作だ。この度、詩人、最果タヒが『マティアス&マキシム』公開に寄せて書き下ろした新作が完成した。

最果といえば、読み手の心の琴線に触れ、浸透するような瑞々しくもリアルな詩で、特に若者からの絶大な支持を得る「いま最も新しい表現者」として注目を浴びる詩人。中原中也賞や現代詩花椿賞などを受賞し、2016 年には後に映画化もされた『夜空はいつでも最高密度の青色だ』を発表。そんな最果が本作の公開に寄せた新作は、誰かを好きになったことのある人であれば共感必至の、切なく、そして恋しさに溢れた作品だ。『マティアス&マキシム』を鑑賞した最果から「わたしはこの映画が好きです。大好き。でもこの映画が素晴らしいとか、良い作品だとかそういうことは言いたくなくて、そういう「評価をする」という行為がこの映画を見終わったときのわたしの気持ちをぐちゃぐちゃに踏みつけてしまうと感じている。ドランの表情は、人間の顔が、決して何かを伝えるためだけにあるのではないことを教えてくれる。その奥にあるものがなんなのか、はっきりと知ることができないそうした表情が、唯一、感情そのものとして映像の中に残ることができる。きっと。そう思う。わたしはこの作品に宛てて詩を書くことになっていて、映画を見終わったときにそれが嬉しくて、でも、とても困りもした。二人について詩を書く時間は、けれど、やはり幸福でした。繰り返し二人を思い出しながら書くことで、自分も傷ついたし、それでいて自然と祈るような心地がしました。それは多分、映画の中にすでにあった祈りなのだと思います。こんなにも好きな映画に出会えてよかったです。上映を心から楽しみにしています。」と熱い感想が寄せられた。

また、この詩は今月 28 日より渋谷パルコ 1FO by New Jewelry にて、本作のテーマカラーである赤と青をあしらった佐々木俊のデザインで展示される予定。店頭では商品の全購入者にこの詩があしらわれたポストカード(右上添付)をプレゼント。こちらもお見逃しなく。

公式ビジュアルをヒグチユウコ、詩の書き下ろしを最果タヒと、様々な分野のクリエイターによって彩られる『マティアス&マキシム』の世界、続報に期待だ!

____________________________________________________________

『マティアス&マキシム』

2020年9月25日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:http://phantom-film.com/m-m/
(C) 2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

コメント(0)