カントリー・ミュージックの聖地ナッシュビルでジェシー・バックリーが歌い上げる!世界的音楽家と奏でる音楽に注目!『ワイルド・ローズ』本編映像到着!

0630_001


新進気鋭の女優、ジェシー・バックリーがその歌声を披露し、賞レースを席捲した『ワイルド・ローズ』が全国公開中となっている。本年度の賞レースでを席巻し、ナショナル・ボード・オブ・レビューを始めとする世界中のインディペンデント映画賞で作品賞・主演女優賞を受賞。Rotten Tomatoesでは93%FRESHと高評価を獲得。実在の人物をモデルに生まれた本作で、全曲を自ら歌う主演に挑むのは、『ジュディ 虹の彼方に』(19)での好演が光った、英国の新鋭ジェシー・バックリー。母親役には、『リトル・ダンサー』(00)でアカデミー®助演女優賞にノミネートされたジュリー・ウォルターズ。ローズに手を差し伸べる資産家のスザンナ役に『ホテル・ルワンダ』(04)でアカデミー賞®助演女優賞ノミネート、『プーと大人になった僕』(18)ではカンガ役を演じた実力派ソフィー・オコネドーなど、豪華キャスト陣が顔を揃え、英国からまた一本名作が誕生した。

この度解禁されたのは、ローズが憧れの場所、ナッシュビルのライマン公会堂で歌うシーン。伝説のラジオ番組「グランド・オール・オープリー」の収録会場であるこの場所はカントリー・ミュージックの聖地とも言われており、思わずそのステージに忍び込んだローズは、広い客席を見つめて静かに歌い出す。このシーンで歌われるのはワイノナ・ジャッドの「When I Reach the Place Iʼm Going」(2005)。「この手で門を開けてそして目指す場所に着いたなら必ず道は見える」という歌詞が、グラスゴーから海を越え憧れのナッシュビルに辿り着いたローズの気持ちとリンクする。ここでの撮影について、ジェシー・バックリーは「ついにナッシュビルに着いて、ローズが感じたように本当に特別な場所だと思うと、鳥肌が立ちました。当然、一番特別な瞬間はライマンでの撮影です。あのステージに立ちました。ジョニー・キャッシュ、エミルー・ハリスや偉大なカントリーミュージシャンが歌った場所で、カントリーミュージックの聖域です。カントリーミュージックの亡霊が浮遊しています。そこでの撮影は信じられないほど落ち着いていました。とても特別な場所です。」とローズさながらさながらに感動したことを振り返る。

★劇中を彩るカントリー・ミュージックの数々!
劇中では他にも1950年代の大ヒット曲ハンク・スノウ「Iʻm Moving On」や、現代カントリー・ミュージック界を牽引するクリス・ステイプルトン「Outlaw State Of Mind」、またロックバンドであるプライマル・スクリーム「Country Girl」をカントリー調にカバーするなど、年代・ジャンルを越えた楽曲たちがバラエティ豊かに劇中で歌われ、ローズの心情とリンクした歌詞が、エモーショナルに観る者の心に語りかける。トム・ハーパー監督は「カントリーミュージックは実直で誠実な音楽だと思っていて、ジェシーもすごく実直で誠実な人だからこそカントリーミュージックと相性が良かったんだと感じています。彼女の歌も演技も彼女自身の中にあるそういった部分が現れているんだと思います。」とカントリー・ミュージックとバックリーの相性の良さを称賛する。


★世界的な音楽家が参加!最高のメンバーで贈られるカントリー・ミュージック!
そんな最高の音楽を生み出すため、ローズのバンドのメンバーには世界的な音楽家たちが参加。スコットランドを代表するアコーディ奏者のフィル・カニンガム、”スコットランドの象徴”とも称される世界的バイオリニストのアリー・ベイン、ストライトギター奏者のネイル・マッコール らが劇中の音楽に深みを与えます。「イギリスでトップクラスのフォークやカントリーのアーティストと働けたうえ、ネイル・マッコールとロンドンの薄汚れたスタジオで歌えるなんて本当に信じられないわ。しかも歌の指導もしてくれたし、音楽に全ての気持ちをぶつけてくれた。みんな才能あるミュージシャンだし、素晴らしい友人よ。フィルとアリーなんて私にとってのヒーロー、ボニー・ライオットと一緒に演奏したこともあるのよ!」とトップクラスの音楽家たちとの音楽体験の感動をジェシー・バックリーは振り返る。

映画『ワイルド・ローズ』6月26日(金)公開/本編映像<ライマン公会堂>
https://youtu.be/SmEj-WbaUk8

____________________________________________________________

『ワイルド・ローズ』

2020年6月26日より全国にて
配給:ショウゲート
(C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018

コメント(0)