『永遠に僕のもの』主演ロレンソ・フェロ 緊急初来日!“奇跡の色気”に、ファン150人が悲鳴の嵐!!神尾楓珠も悶絶「ドキッとしてしまいました」

0628_006


妖しく輝く美少年の破滅を描く、真実のクライム青春ムービー『永遠に僕のもの』(原題:EL ANGEL)が、8月16日(金)より全国順次公開となる。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年を描いた本作。17歳から相棒と組んで、自分が望む全てを手に入れるため、盗難、嘘を重ねやがて殺人まで犯すようになるその少年は、僅か数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えると同時に、その美しいビジュアルから時に「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され大きな話題となった。『オール・アバウト・マイ・マザー』のペドロ・アルモドバルが製作し、カンヌ国際映画祭ある視点部門にも正式出品。アルゼンチンで2018年NO.1のスーパーヒットを記録した話題作がついに日本上陸!

この度、主人公のカルリートスを演じ、本作でスクリーンデビューにして初主演を飾ったロレンソ・フェロが初来日!東京・渋谷のTOWER RECORDS渋谷店にて実施された日本最速フッテージ上映会に登壇し、トークショーを行った。


現在SNSで話題沸騰中の“南米が生んだ奇跡の美男子”とあって、会場には約150人もの多くの女性ファンが押し寄せる中、シックなジャケットを羽織り、20歳とは思えぬ妖艶なフェロモンを纏ったロレンソが颯爽と登壇すると、黄色い悲鳴が響き渡った。


サイコパスな連続殺害鬼役として見せる表情とは打って変わって、ステージにあがるや優しく微笑みファンに手を振るロレンソは、「皆さん、今日はお越しいただいてありがとうございます。日本に来れてすごく嬉しいです」と丁寧に挨拶。初めて訪れた日本の印象を聞かれると、「すごく美しくて、進んでいて、未来にきたような感じ!」と目を輝かせ、「アルゼンチンから30時間かけてきたのですごく疲れましたが(笑)、取材の合間にゲームセンターに行って、UFOキャッチャーで大好きなポケモンのミュウツーのぬいぐるみを取れたし、美味しい和牛とお寿司もいただきました」と、充実した様子で語った。


歌手としての人気もさることながら、本作のアルゼンチンでの記録的ヒットを経て、一躍スターの仲間入りを果たしたロレンソ。有名になったことで生活も一変したようで、「(アルゼンチンでは)周りの人が皆自分のことを知っているし、歩いていても写真やサインを求められる」と人気者ゆえの悩みを吐露する一方で、「でも、とてもありがたい事だし自分にとっては良い変化。高校生になって芸能界に入ったのですが、今まで閉じ込められていた泡の中から飛び出したような気分です」と謙虚に喜びを語ると、会場からは温かい拍手が送られた。

さらに、そんなロレンソの来日を祝福するため、『HiGH & LOW THE WORST』などの出演も決定している最注目のNEXTブレイク俳優・神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)がサプライズ登壇し、会場は驚きの喚声が飛び交い、一層ヒートアップ!


「同世代の俳優と一緒にイベント登壇する機会も少ないので、ロレンソとこうして会えてすごく嬉しい」と語る神尾は、ロレンソと固い握手を交わし大きな花束をプレゼント。笑顔で感謝を述べるロレンソに対し、本作をすでに鑑賞したという神尾は、「日本とは芝居のやり方や構成の作り方が違うところも面白かったし、ロレンソの芝居には、カルリートスの“若さゆえのふてぶてしさ”や、“悪意の感じない無邪気さ”が上手に表現されていて、単純にカッコいいなって思いました」と、映画を絶賛。「あと、彼の目のアップを映したシーンが随所にあったんですが、毎回ドキッとしてしまいましたね(笑)」と、同性でありながらロレンソが放つ色気に虜になったと胸の内を明かした。


特に好きなシーンについては、「ダンスシーン」を挙げ、「冒頭と終わりにあるのですが、全く違って見えたんです。上手く言えないけど、彼のダンスからは諦めも希望も感じるし、物語の先の未来を想像させる余地があったので、すごく面白かった。カッコいい描写も、美しい描写も、ちょっと間抜けな描写も、全てが丁度良くて…。この映画は、観終わった後のモヤモヤがないんです!」と褒めちぎった。


神尾からの称賛を受け、ロレンソはちらっと神尾にウィンクを交わし、「(演じた)カルリートスをあまり憎んで欲しくないと思っていたので、神尾さんが仰ってくれたこと、すごく嬉しいです!もちろん人を殺してはいけないですが、誰にでも悪い心、暗い部分、危うさがある。だけど、だからと言って愛が無くなるわけではない。この映画はそうした繊細な作品なんです」と笑顔でコメント。ダンスシーンについては、「気に入っていただけて本当に良かった」と胸をなで下ろしつつ、「実は、お父さんが眠っている間に鏡の前でこっそり練習していたんです。撮影中も恥ずかしくて…、テイク1だけ、監督と二人にしてほしいとお願いました。あと、『ウィスキー1杯持ってきて!』って(笑)」と照れ笑いを浮かべて撮影中のエピソードを告白。「でも、色々ダンスを試しながらテイクを重ねているうちに人が増えていって…、最終的には20~30人くらいになっていました」と苦笑するロレンソに対し、神尾が「なんか…濡れ場の撮影みたいですね(笑)リハの時にはいなかったのに、本番ではなぜか人が増えている」とまさかの例えを披露すると、大きな笑いが起こった。

 ロレンソと神尾はお互いに20歳。ますます今後の活躍が期待される中、「今後は、本作のように“攻めた作品”、カッコいいなって思う作品に自分も挑戦してみたいです。本作でロレンソが魅せる、セリフ無しの動きだけのシーンが本当にカッコよかったので」と、ロレンソに羨望の眼差しを向ける神尾が、「国籍が違う二人を描いた物語は面白いと思うので、ロードムービーのような作品でロレンソと共演したいです。ベタだけど、ぶつかり合いながらもお互いの文化や友情を深めていくような作品でぜひ!」と提案すると、ロレンソも「神尾さんとはまだ深い知り合いになれていないので、どんな映画が良いかは分からないけど、ポケモンの映画に一緒に出るのはどうかな!?監督はマーティン・スコセッシにお願いして!(笑)」と便乗。<南米の美男子>と<日本の美男子>による奇跡の共演に、多くのファンが期待を寄せた。

トーク後のフォトセッション中も肩を組んだり、自撮りをしたりと仲睦まじい様子を見せたロレンソと神尾に、会場は終始悶絶!突然、自身にカメラを向けるマスコミを撮影し始めるといった、茶目っ気たっぷりに自由気ままなロレンソだったが、その後のプレゼント抽選会では、当選した女性ファンにハグ&ホッペにキスをプレゼントするなど、親身なファンサービスで会場を沸かせた。


最後に、「この映画は苦しかったけど、本当に努力したし、本物の愛をこめた映画です。お気に入りのシーンを一つに選ぶことなんてできない。全部をオススメしたい。僕らがこの映画に込めた愛情に、皆さんの心が触れてくれたら嬉しいです。それができたら、僕たちはいい仕事をしたんだなって思うから。」と締めくくったロレンソ。集まったファンに何度も感謝の言葉を贈り、笑顔で会場を後にした。


____________________________________________________________

『永遠に僕のもの』

2019年8月16日より渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono
(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

コメント(0)