ホームレスからセレブリティへ華麗なる転身を遂げた女性が隠し続けた父の存在とは?『ガラスの城の約束』父娘を演じたブリー・ラーソン&ウディ・ハレルソン久々の共演を振り返る!!

0531_004


『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンと『ショート・ターム』の監督・脚本を務めたデスティン・ダニエル・クレットンのコンビが、衝撃的な自身の半生を綴り、全米350万部突破のベストセラー小説「The Glass Castle」を映画化した『ガラスの城の約束』が6月14日(金)より全国公開となる。過去とともに忘れようとした父の、正しくはないけれど強烈で深い愛が観る者の心を震わし、一歩前へ進む勇気をくれる感動のヒューマンドラマ。この度、主人公のジャネットを演じたブリー・ラーソンと彼女に多大なる影響を与える父親を演じたウディ・ハレルソンが明かす本作での撮影秘話と新場面写真が到着した。


ブリー・ラーソンはウディ・ハレルソンとの二度目となる共演を振り返り、「素晴らしい相手役だった。私たちはとても相性がいいの!泣くシーンを撮影した時もウディは私のことを気遣ってくれて、ありがたかった。俳優の大先輩だけど、ウディはとても親しみやすい人なの。だから、父娘の役は演じやすかったわ。」と感謝の気持ちを伝えた。ウディ・ハレルソンも「ブリーは現状に甘んじることなく、いつも仕事熱心で素晴らしいよ。久しぶりの共演はとても楽しかったね。」と語り、「撮影の合間に、キャストやスタッフたちとパーティーをしたんだ。みんな家族のようで、とても楽しかったよ。」と明かした。本作では実在の人物を演じるにあたり、ブリー・ラーソンとウディ・ハレルソンは原作者のジャネット・ウォールズに直接会って、いろいろと話を聞いたことを役作りに生かしたという。ブリーは「どの作品でも役作りは念入りにする方なの。特に今回はジャネットと彼女の家族のことを深く知る必要があると思った。だから、気になることが出てくるとジャネットにメールや電話でしつこく尋ねたわ(笑)彼女は根気強く付き合ってくれてたの。」と語り、実在の人物を演じる上でのアプローチ方法を明かした。日本の観客に向けて、ウディ・ハレルソンは「これが映画からのメッセージだということを決めつけたくないんだけど、誰しもが共感できる”家族の物語”なので、ぜひ多くの人に観てもらいたいね。」と、ブリー・ラーソンも「両親と共に育ち経験したことすべてが今の自分自身を形作っているということを改めて考えさせられると思う。家族の存在は誰にとっても、大切な心の核となるものよ。」と本作に込められたメッセージを語った。


___________________________________________________________

『ガラスの城の約束』

2019年6月14日より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:http://phantom-film.com/garasunoshiro/
(c)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

コメント(0)