ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』「カニ」「タマゴ」「透明」3作品それぞれの挑戦とは―。絶賛制作中のスタジオポノックに潜入!

0725_007


昨夏、『メアリと魔女の花』(監督:米林宏昌)を発表したスタジオポノックが、短編アニメーションの制作レーベルとして「ポノック短編劇場」を新設し、この夏、第一弾となる『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日(金)に全国公開となる。“子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という志からスタートした本プロジェクト。“ちいさなものの中にこそ大事なものが込められている”3つの奇跡の物語が誕生する。


「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなるカニの兄弟の大冒険ファンタジー「カニーニとカニーノ」。高畑勲監督の右腕として活躍してきた鬼才・百瀬義行監督による、実話をもとに描いた母と少年の愛と感動の人間ドラマ「サムライエッグ」。宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる「透明人間」。兄と弟の勇気、母と子の絆、そしてたったひとりの闘い。小さな涙と優しさは、3つの物語を通して、やがて大きな強さとなっていく―。


「カニーニとカニーニ」の米林宏昌、「サムライエッグ」の百瀬義行、「透明人間」の山下明彦。6月某日、東京・武蔵野市にある制作会社スタジオポノックで『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』の制作が佳境を迎えていた。プロデューサーの西村は「ポノック短編劇場」というレーベルの第1弾として発足した新プロジェクトには、様々な挑戦が課せられている、と3作品について語る。

昨年公開された『メアリと魔女の花』を発表した米林が題材に選んだのは、カニの兄弟が父を探しに生まれて初めての旅にでる物語。昨年末、第2子が誕生し出産のために母親の不在を乗り越えていく長男の姿を目の当たりにした米林は、自身がいまこの瞬間に描ける物語として、初のオリジナル脚本に挑戦。「麻呂さん(米林の愛称)が描こうとしているのは現実と幻想の合間です。美しい手書きのアニメーションが持ち味ですが、そこに優れた CG クリエイターの技術を組み合わせることで手書きの限界を超えた新しい世界が出来上がると思いました。」

実話をもとにした、たまごアレルギーをもつ少年と母親、二人の生きる力強さに触れた百瀬。「きわめて写実的に描くというアプローチもありますが、それでは実写を作るのと変わりありません。」と制作にあたり、新たな表現技法を模索し試行錯誤を重ね「絵本がそのまま動いて」いるような画面を実現。水彩、色鉛筆、CGなどの様式を駆使し一見相反するドキュメンタリー的な緊張感を浮かび上がらせようとする。家族の優しさと強さ、儚さを包容する百瀬ワールドが満を持して登場する。


「透明人間」を手掛けた山下を「人物を動かすのは天才的にうまい」と評し、「そんな山下さんだからこそ、目には見えない透明人間をどう動かすのだろうと思ったことが企画の発端。透明人間の物語は現代の孤独と不安の再生の隠喩になっており現代性があり哲学的なテーマも含んだ色々な見方ができる作品になりました。」と振り返る。あらゆるアニメーション表現を用いて繊細かつアクロバティックに描いたスペクタクルアクションに仕上げている。

3つの短編アニメーション映画にそれぞれ込められた新しい挑戦と想いが凝縮された愛と感動のエンターテインメント、ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』は2018年8月24日より全国にて公開。


____________________________________________________________

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

2018年8月24日より全国にて
配給:東宝
公式HP:http://ponoc.jp/eiyu/
(C)2018 STUDIO PONOC

コメント(0)