アメコミ史上最強最悪のアンチ・ヒーロー、ついに日本上陸!『デッドプール』6月の日本公開が決定


映画『デッドプール』が6月に日本で公開されることが決定した。

『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品にあたる『デッドプール』は、「無駄口の多い傭兵」という異色のキャラクターでファンの中では屈指の人気を誇る、アメコミ史上最強最悪のアンチ・ヒーロー。待望の映画化にあたって『アベンジャーズ』&『X-MEN』シリーズのクリエーターが結集した。

主人公のウェイド・ウイルソンを演じるのはライアン・レイノルズ。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じていた。

「X-MEN」シリーズのウルヴァリン同様、ウェポンX計画によって驚異的な治癒能力と不死の体を手に入れたデッドプール。今作では口が達者で常にジョークを飛ばし、金次第で敵にも味方にもなる傭兵という異色のキャラクター・デッドプールがいかにして生まれたかが描かれる。
____________________________________________________________

『デッドプール』

2016年6月、TOHOシネマズ 日劇1ほか全国にて
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

コメント(0)