過酷な運命を勇敢に生き抜いたユダヤ人少年の感動の実話『ふたつの名前を持つ少年』予告編解禁


たった一人で過酷な運命を勇敢に生き抜いたユダヤ人少年を描いた『ふたつの名前を持つ少年』の予告編が解禁となった。

『ふたつの名前を持つ少年』予告編はこちら

『ふたつの名前を持つ少年』は、ナチスドイツの手から逃れた8歳のユダヤ人の少年が、スルリックというユダヤ名を捨て、ポーランド人孤児ユレクとして、たった一人で森に潜み、食べ物を求めて農村を渡り歩きながら3年もの月日を生き抜いた実話を基にした感動作。予告編では父との別れから数々の困難に立ち向かっていく姿が、過酷な情景と共に描かれている。そして、心優しい人々との出会いによって、スルリックに笑顔が戻っていく様子が鮮やかに描かれており、絶望から希望に変わる瞬間に心打たれる予告編となっている。

原作は1996年に国際アンデルセン賞を受賞した児童文学作家、ウーリー・オルレブによる『走れ、走って逃げろ』(2003年岩波書店)。監督は1994年に『Schwarzfahrer』(黒人のドライバー)でアカデミー賞短編実写賞を受賞したペペ・ダンカート。原作との出会いを、「見る者の記憶に20年後も残り続ける映画となる素材を見つけた瞬間」と語っている。また、過酷な運命を力強く、前向きに生き抜く主人公役をアンジェイとカミルの双子の兄弟が愛らしい笑顔で演じきった。
____________________________________________________________

『ふたつの名前を持つ少年』

2015年8月15日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給:東北新社
公式HP:http://www.futatsunonamae.com/
© 2013 Bittersuess Pictures

コメント(0)