『アリスのままで』原作本が5月1日に発売決定。原作者コメントが到着


第87回アカデミー賞でジュリアン・ ムーアが主演女優賞を受賞した『アリスのままで』の原作本が、5月1日に発売されることが決定した。同原作本の翻訳者、古屋美登里氏のコメントが到着した。

翻訳者として映画『アリスのままで』を観た感想を、古屋氏は次のように語っている。

「原作のエッセンスが忠実に映像化されていて、とりわけジュリアン・ムーアの演技が素晴らしかった。映画ではアリスの心の声は一切出てきません。けれども、アリスの表情、体、仕草から、そのときどきのアリスの心の声が聞こえてくるようでした」

また、これから映画を観る人へ、「手にしたものがこぼれ落ちていく悲しさや、自分を失っていく恐怖は想像を絶するものです。日本では若年性アルツハイマー病を患う人は四万人近いと言われ、日々こうした恐怖を味わっている方々がそれだけいらっしゃるわけです。この映画を機に、そうした人々への理解が深まることを願っています」と、メッセージを寄せた。

「記憶を失った自分は何者なのか、自分とは何か、人生の意味とは何か、を観る者に静かに問う映画」と映画を表現した古屋氏。アリスと家族との絆を描く映画『アリスのままで」は6月27日から公開。
____________________________________________________________

『アリスのままで』

2015年6月27日より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて
配給:キノフィルムズ
公式HP:http://alice-movie.com/
© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

コメント(0)