主演の佐々木希、すでに怯える!映画『呪怨 -終わりの始まり-』6/28公開決定&製作発表会見リポート

呪怨 -終わりの始まり-
『呪怨』シリーズの最新作『呪怨 -終わりの始まり-』の公開が6月28日に決定、そのクランクインを前に、26日、都内でお祓い式および製作発表記者会見が実施された。同イベントには主演の佐々木希と落合正幸監督、そして同作品で最も重要なキャラクター「俊雄」を演じるが小林颯(かい)が出席。

主演を務める佐々木は「誰もが知ってる作品に出られるのは親孝行にもなうりうれしい」としつつも、「ホラーは苦手。台本を読んでから怖くて寝る前に思い出してしまう」とコメント。日本国民が選ぶ「最も怖い映画シリーズ」第1位に輝く恐怖シリーズを前に、撮影前からすでに怯えている様子を見せた。

____________________________________________________________

誰もが知る超有名ホラーシリーズの新作という事ですが、まずこの企画が監督のもとに来た時に、どう思われましたか?

■落合監督:この企画のプロデューサーに呼ばれて“呪怨”と聞いて一瞬息が止まりました。私はホラー映画を撮っていますが、実は蕁麻疹が出るくらい幽霊が苦手なんです。怖いですが、でもついに来た!とも思いました。

『呪怨』の新作で主演のお話が来た時どう思われましたか?

■佐々木:ホラーが苦手なんです。台本を読んでからとても怖くて寝る前に思い出してしまうんです。でも誰もが知っている有名な作品のお仕事ができることは親孝行にもなると思うのでとてもうれしくもあります。

『呪怨』をホラー映画界でどういった存在だと思われますか?また新作の撮影のアプローチはどのように致しますか?

■落合監督:『呪怨』の凄さは清水崇監督が取ったビデオシリーズから始まり、劇場版が公開、そしてアメリカでも公開され、シリーズ化し続けていますよね。『リング』は呪いのビデオですが、『呪怨』は撮り続けなければならない呪いみたいなものでしょうか。日本だけではなく世界中にアプローチするのがこの作品の目指すところで、シリーズで一番怖かったとやっぱり言ってもらいたいですよね。俊雄と伽椰子(かやこ)という役どころをさらにパワーアップさせ、アクティブに表現したいと思っております。

佐々木さんの役どころと、演じるうえでのアプローチ方法を教えてください。

■佐々木:小学校の先生役です。私が本当に怖がりなのもあるんですが、主人公の彼女の怖がっている様子が観ている人にきちんと伝わるような役作りをしたいです。叫ぶシーンがたくさんあるので頑張りたいと思います。

佐々木さんの印象はいかがですか?

■落合監督:目がとても綺麗です。佐々木さんを通して観客の皆さんはホラーを体験していただくので、そういった意味では美しい女優さんに出ていただけるというのは大変ありがたいことだと思います。

俊雄君との共演はいかがでしょうか?

■佐々木:私は子供が大好きなのに、俊雄役は卑怯です(笑)! 俊雄君の人形をこの間見てから夜中にあれを思い出してまた寝られなくなってしまいました。

~俊雄役を演じる小林が登場~

小林:こんにちは! 俊雄役を演じます、小林颯と申します! 一生懸命頑張りますので宜しくお願いします。

俊雄役はどのように決めましたか?

■落合監督:オーディションにはたくさんの子役にいろんなポーズや表情をしてもらったのですが、その中でも小林君は満面の表情を浮かべながらも目の奥に恨みや怨念の込もった睨みができたんですよね。

佐々木さんの俊雄君の印象は?

■佐々木:こんなにかわいいのに、怖くなってしまうんですよね。信じられません。このかわいさにもうすでにメロメロになってしまいました。

小林:佐々木さんを怖がらせるように一生懸命頑張ります! 覚悟しておいてくださいね!

■佐々木:お手柔らかにお願いします!

最後に一言

小林:一生懸命頑張ります!

■佐々木:クランクインは3月4日なので、それまで準備をしたいと思います。また公開前に皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。本日はありがとうございました。

■落合監督:今日はありがとうございました。“ホラー映画史上最も怖い映画”にしたいと思います。
____________________________________________________________

『呪怨 -終わりの始まり-』

2014年6月28日より新宿バルト9ほか全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:www.juon-movie.jp
©2014『呪怨-終わりの始まり-』製作委員会

コメント(0)