『キツツキと雨』第8回ドバイ国際映画祭日本映画初の3冠達成!!

『キツツキと雨』第8回ドバイ国際映画祭日本映画初の3冠達成!!

小さな村を舞台に、映画撮影隊と村人たちとのおかしくも温かい関係を『南極料理人』の沖田修一監督が描く『キツツキと雨』(2012年2/11全国公開)。第24回東京国際映画祭にて審査員特別賞を受賞した本作品が、第8回ドバイ国際映画祭(12/7~14開催)のアジアアフリカ部門に出品。同部門15作品ノミネートの中、受賞結果が現地時間14日に発表され、最優秀男優賞(役所広司)、脚本賞(沖田修一、守屋文雄)、編集賞(佐藤崇)を受賞し、日本映画では初快挙となる3冠を達成した。

本作品は、現地時間12月8日と11日に公式上映が行われ、劇場は爆笑に包まれるなど、海外でも作品の温かい雰囲気が客席に伝わった。戒律の厳しいイスラム圏ゆえに、劇中にある裸での入浴シーンが規制対象となり、R15+(15歳以上鑑賞可)というレーティングが設けられての上映となった。授賞式は現地時間14日16:00、ジュメイラ ザビール サライホテル(Zabeel Saray Hotel)にて行われた。

------------------------------------------------------------

【役所広司 コメント】
映画祭での公式上映で、会場からたくさんの笑い声が聞こえていたと報告は受けていました。来年二月の公開に向けて、励みになっていたところ、こんな素晴らしい賞まで頂き、ドバイ国際映画祭に感謝します。

【沖田修一監督 コメント】
ドバイ国際映画祭での受賞、とても光栄に思います。役所さんの最優秀男優賞は、もう自分のことのように嬉しいです。思わずガッツポーズしてしまいました。また、脚本を一緒に書いた守屋文雄さん、編集の佐藤崇さんにも、今回の受賞を喜び合いました。両者とも、たくさんの時間を費やし、一緒に頑張ったので、本当に報われる思いです。ドバイの劇場で笑いが起きていたと聞きました。そういう雰囲気の中で、今回の賞をいただけることが、本当に嬉しいです

【ドバイ国際映画祭とは】
毎年12月にアラブ首長国連邦のドバイで、アラブ、アジア、アフリカの映画産業の繁栄を目的に開催され、アラブ諸国の作品を中心にハリウッド作品まで100本以上が上映されるアラブ最大の映画祭。第8回目の本年は、世界56か国から集められた171作品が上映された。『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』がオープニング作品として上映され、主演の米俳優トム・クルーズレッドカーペットを歩いた。日本映画作品では、08年に西島秀俊主演作『休暇』が審査員特別賞、09年には『フツーの仕事がしたい』が最優秀ドキュメンタリー賞、昨年は『ノルウェイの森』が最優秀作曲賞を受賞している(いずれもアジアアフリカ部門)。本年の同部門最優秀作品賞には、シンガポール映画『TATSUMI』が選出された。審査委員長はフォルカー・シュレンドルフ氏が務めた。

------------------------------------------------------------
『キツツキと雨』
2012年2月11日より角川シネマ有楽町ほか全国にて
配給:角川映画
公式サイト:http://www.kitsutsuki-rain.jp/
(C)2011「キツツキと雨」製作委員会

コメント(0)