『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズらドバイからメッセージ・地上425m会見&プレミア

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズらドバイからメッセージ・地上425m会見&プレミア


容疑者、イーサン・ハント。スパイの称号を奪われ、 孤立無援で挑む究極のミッション。 それもまた、罠なのか?トム・クルーズ主演の人気シリーズ第4弾『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』

12月8日(日本時間)、今回の11カ国ワールドツアーのメインとなる、ワールドプレミアがドバイにて開催され、記者会見が行われた。参加ゲストメンバーは主演のトム・クルーズを始め、ポーラ・パットン、サイモン・ペッグ、アニル・カプール、監督のブラッド・バード、プロデューサーのブライアン・バーグの5人。

会場となったのは、本作のハイライトシーンの一つで、トム本人が行ったスタントで世界の度肝を抜いた、世界一高いビル“ブルジュ・ハリファ”の124階(地上425m)にある展望台。会見には全世界から厳選された100名のマスコミたちが参加した。

質疑応答では、やはりブルジュ・ハリファでのスタントについて質問が集中した。また、同日夜におこなわれた、第8回ドバイ国際映画祭公式オープニング作品のレッドカーペットイベントには1500人のファンや、アラブ首長国連邦の首相をはじめとする要人らも多数出席。マスコミもアメリカ、ブラジル、メキシコ、ヨーロッパ、台湾など世界中から集まり、一大イベントとなった。ファンへのサウンドバイツでは一人一人に丁寧にサインや握手をし、ファンを大事にするトムの姿が改めて注目された。


------------------------------------------------------------

【トム・クルーズ、レッドカーペットでのコメント】
「日本のツアーは素晴らしかったよ!日本はいつ訪れても素晴らしい国だ。またすぐに戻りたいな。」

「イーサン・ハントは不可能を可能にする男だ。困難に立ち向かい解決する彼のその姿に観客は共感し楽しむことが出来るのだと思う。」

「ドバイの撮影中には砂漠に行ってラクダにのり夕日を見たり、郷土料理を食べたり、またとない経験をさせて貰った。この国で撮影出来たことを心から光栄に思う。」

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズらドバイからメッセージ・地上425m会見&プレミア


【トム・クルーズ、記者会見でのコメント】
「(契約破棄になるから)保険会社は僕がバイクや飛行機の操縦はダメだというのに、こんな高層ビルから飛び降りることに関してはOKするんだよね。全く、彼らは何を基準にしているかわからないよ(笑)」


【サイモン・ペッグ、記者会見でのコメント】
「僕があんなスタント(ブルジュ・ハリファでのトムのアクション)ができるかって?僕はトム・クルーズじゃないんだ(会場爆笑)あんな事は彼しかできないよ。」

------------------------------------------------------------
『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』
2011年12月16日より TOHOシネマズ日劇ほか全国にて
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式HP:http://www.mi-gp.jp/
©2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

コメント(0)