「勇気と元気をくれる!そして高まります~!!今こそみんなに観てもらいたい!」中川翔子登壇『塔の上のラプンツェル』感涙の舞台挨拶

日時:3月26日
場所:TOHOシネマズ有楽座
登壇者:」中川翔子

「勇気と元気をくれる!そして高まります~!!今こそみんなに観てもらいたい!」中川翔子登壇『塔の上のラプンツェル』感涙の舞台挨拶

世界興収であの『トイ・ストーリー1、2』などのディズニー/ピクサーの大ヒット作品を超える5億ドル突破を達成し、世界中で大ヒットを記録中の『塔の上のラプンツェル』。“勇気を出して一歩を踏み出そう”という本作最大のメッセージを伝え、被災者の方々が明日に向かって一歩を踏み出せるようエールを贈るための舞台挨拶イベントが、26日にTOHOシネマズ 有楽座にて行われ、主人公・ラプンツェルのボイスキャストを担当した中川翔子が登壇した。当初震災翌日12日に行われる予定だった舞台挨拶は地震のため中止になっており、中川翔子にとって震災後初めてのイベント出演。つめかけた観客から大きな声援で迎えられた。

中川翔子は、自身も映画館でこの作品を観てきた際のことを「毎日不安な気持ちがあったけれど、映画を観て笑っているみんなの心からの笑顔や楽しそうな顔を観て、嬉しくて泣いてしまった。」と振り返り、劇場に足を運んで自分自身が勇気をもらったように多くの人にも作品をみて勇気をもらってほしいと語った。

中川翔子は、登場すると開口一番「みなさんと無事にあえてもうすでに泣きそうです。」と感激した様子。販売からわず30分あまりでチケットが完売し、満員となったお客さんの中には、映画に登場するラプンツェルのアイテム“フライパン”に思い思いにデコレーションしている人も多くみえた。

また、東日本大震災の被災者の方々に向け、「ディズニー映画はどんな時も勇気と魔法をくれるいろんな強さがつまっている。地球が廻る限り、手をつないでラプンツェルのように、明るく前向きに歩いて欲しい。」とコメントし、また全国のTOHOシネマズで募集している義捐金募金箱のことにふれ、「自分ができることって何かなと迷ってしまうけれど、この映画をみて、何かをしたいと思ったかたは、よかったら、劇場の募金箱へ募金をしていただければと思います!」と呼びかけた。

最後にこれまで、半年間近くもの間、ボイスキャストそして伝道師として尽力してきた中川さんは、映画について「ラプンツェルは自然に笑顔になるスイッチを押してくれる。どんな場面でも勇気を持っているから、映画を見終えた後に何かをしたいと思える映画です。」と話した。


______________________________________________________________________

『塔の上のラプンツェル』
2011年3月12日 より 全国にて
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式HP:http://tounoue.jp/

© Disney

コメント(0)