17年間の歴史に幕を閉じ、休館「ありがとう、恵比寿ガーデンシネマ」最後の作品はウディ・アレン監督40作目『人生万歳!』 1月15日からはヒット作を連続上映!

17年間の歴史に幕を閉じ、休館「ありがとう、恵比寿ガーデンシネマ」最後の作品はウディ・アレン監督40作目『人生万歳!』 1月15日からはヒット作を連続上映!

1994年10月の開館以来、17年間にわたり世界各国の秀作を上映し続け、ミニシアターブームの最先端を担っていた恵比寿ガーデンシネマが、2011年1月28日(金)の上映をもって休館することが決定した。ゆったりした館内に座り心地の良いシート、広くて採光の素晴らしいロビーを兼ね備えた上質な空間としてロバート・アルトマン監督の『ショート・カッツ』で開館し大ヒットを記録。 その後も、『ボウリング・フォー・コロンバイン』、『スモーク』、『モーターサイクル・ダイヤリーズ』など数々の大ヒット作を上映し、多くの映画ファンを育てた有数の劇場。なかでもウディ・アレン監督の作品は最多上映となり、ウディ・アレンと言えば恵比寿ガーデンシネマと代名詞にもなるほど人気を博した。最後の上映作品もウディ・アレンの監督の40作目となる『人生万歳!』で、まさに記念碑的な作品とともに17年の歴史に幕を閉じる。

恵比寿ガーデンシネマ興行収入ベスト10

1.『ボウリング・フォー・コロンバイン』
2.『スモーク』
3.『モーターサイクル・ダイヤリーズ』
4.『リアリティ・バイツ』
5.『ロッタちゃん はじめてのおつかい』
6.『ショート・カッツ』
7.『グッバイ、レーニン!』
8.『17歳のカルテ』
9.『セントラル・ステーション』
10.『デッドマン・ウォーキング』


なお、1月15日(土)~1月28日(金)まで、“17年間ありがとうございました。【恵比寿ガーデンシネマ・ベストセレクション】”と題して、過去のヒット作のベストセレクションを連続上映することが決定した。『ウディ・アレンの夢と犯罪』、『マッチポイント』、『さよなら、さよならハリウッド』を含む15本が上映される。あなたの映画の思い出を、ぜひもう一度恵比寿ガーデンシネマで。

______________________________________________________________________

『人生万歳!』
2010年12月11日 より 恵比寿ガーデンシネマほか全国にて順次公開
配給:アルバトロス・フィルム
公式HP:http://www.jinsei-banzai.com/

©2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

コメント(0)