リュック・ベッソン 監督最新作『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』フランスで大ヒット!

リュック・ベッソン 監督最新作『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』フランスで大ヒット!

2007年に公開されたリュック・ベッソン監督による実写とCGアニメを融合したファンタジー・アドベンチャー大作『アーサーとミニモイの不思議な国』に続く第2章、『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』(原題:Arthur and the Revenge of Maltazard)が、12月2日(水)に、製作国フランスにて『ハリー・ポッターと謎のプリンス』と同規模の945スクリーンで公開され、週末だけで120万人を動員、興行収入1020万ドルを叩き出し、興収ランキング第1位の大ヒットスタートを切った。

この大ヒットに続き、日本での公開が2010年4月29日(祝・木)に決定した。

『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』
監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:フレディ・ハイモア『チャーリーとチョコレート工場』
   ミア・ファロー『アーサーとミニモイの不思議な国』

【ストーリー】

ミニモイの国とセレニア姫の最大の危機!フレディ・ハイモア主演、リュック・ベッソン監督が贈る、奇跡のファンタジー・アドベンチャー!タイムリミットまであと12時間!ミクロになって世界を救え!

今日は、“ミニモイの国”の扉が開く、満月の日。かつてミニモイに変身して国の危機を救ったアーサーは、大好きな王女セレニアに再会できるこの日を心待ちにしていた。
そんな時、「助けて!」と書かれた米粒がアーサーのもとに届く。これはミニモイからのSOS?!魔王マルタザールの脅威が、再びセレニアを襲う!?ミクロになった王子アーサーと宿敵マルタザール、最後の戦いが幕を開ける!

コメント(0)