映画『ソラニン』三木孝浩監督×脚本・高橋泉が早大生と現代の若者の“今”を熱く語る!

日時:12月17日(木)
会場:早稲田大学 大隈講堂
登壇者:三木孝浩(監督)、高橋泉(脚本)

映画『ソラニン』三木孝浩監督×脚本・高橋泉が早大生と現代の若者の“今”を熱く語る!

限りなく不透明な今を受け止め、明日へ踏みだそうとするとき、ひとつの歌が前に進む力をくれる――夢と現実に葛藤しながら生きる若者たちをリアルに描く、感動の青春恋愛映画『ソラニン』が誕生。主演の芽衣子役には、女優、宮崎あおい。本作ではギターを弾き、歌を歌い、新たなる一面をスクリーンに焼き付ける。芽衣子の彼氏、種田役には近年活躍がめざましい、高良健吾。そして、この度、リアルな若者の心情を描き若者に熱狂的な支持を受ける、浅野いにお初映画化作品『ソラニン』の三木孝浩監督と、脚本の高橋泉が早稲田大学にてトークショーを行った。

_____________________________________


若い人気アーティストたちに強い支持を受け、多くのPVを手掛けてきた三木監督とぴあフィルムフェスティバルグランプリ「ある朝スウプは」でも若者を描き国内外の審査員に絶賛された脚本・高橋泉。そんな2人が「ソラニン」で描いたのは、社会人2年目で自由を求めて会社を辞めた芽衣子やその同棲相手で音楽の夢を捨てられないフリーターの種田というまさに今の時代を投影した若者たち。

映画では、彼らが夢と現実に葛藤したり、現実を受け止め明日へ踏み出そうとする姿がリアルに描かれている。なぜここまで10代後半から20代前半を中心に原作『ソラニン』は熱狂的に支持を受けているのか?若者はどこに共感するのか。三木監督と後輩でもある現役の早稲田大学生たちに現代の若者の“今”について熱く語っていただきました!

なお、イベントでは初公開となる映画メイキング映像を交えながら、現場でのエピソードを披露。

映画『ソラニン』三木孝浩監督×脚本・高橋泉が早大生と現代の若者の“今”を熱く語る!

今回「ソラニン」の監督・脚本を担当することになった経緯について教えてください。

■三木孝浩監督:「僕はソニー・ミュージックで、プロモーションビデオを撮っていたのですが、その時に、「ソラニン」のプロデューサーに「将来独立をしたら、映画を撮りたい」と話したことがあるんです。そして、今回『ソラニン』の映画化の話が上がった際に、それを覚えていたプロデューサーが僕の名前を挙げてくれたのがきっかけです」

■高橋泉:「僕は制作のIMJエンタテインメントとマネジメント契約を結んでいるのですが、「ソラニン」の脚本を書きませんか、と声をかけていただいたので、「ぜひやりたい」と即決しました。

原作を読んだことはなかったんですけど、浅野いにおさんの別の作品は読んでいたので、きっと『ソラニン』もいい作品だろうと思ったんです。他にも「ソラニン」の脚本を書きたいと思う方はいっぱいいると思うので、ラッキーでした」


映画化に際して浅野さんからリクエストはありましたか?

■三木監督:「ライブシーンについては、演奏がしっかりできる人に演じて欲しいと言われました」


今回のキャスティングに自信があるそうですが。

■三木監督:「キャスティングに関しては大満足ですね。撮影を進めていくなかで、「この人たちしかいない」と思ったぐらい、それぞれのキャラクターを生きてくれたので自信があります」


脚本を書かれた際にこだわった点はどこでしょうか?

■高橋:「ビリーの部屋のシーンですね。個人的にビリーには思い入れがあったので、原作にはないシーンを入れてあります」


最後にメッセージをお願いします。

■三木監督:「皆さんそれぞれ悩みを持っていると思うんですが、自分で強く思い込めばなんとかなると思います。今の自分を肯定して前に進んでいくことで見えてくるものがあると思うので、「ソラニン」を見て何かを感じてもらえたらいいなと思っています」

■高橋:「ぜひ劇場に足を運んでください……。三木監督が言わないので(会場笑)。終盤の宮崎さんの歌を聞いたら、お客さんは絶対にもう一度映画を観たくなると思います」

_____________________________________

【 三木孝浩監督プロフィール 】

1974年、徳島県生まれ。98年にソニー・ミュージック入社以降、数多くの
PV・ライブ映像を手掛ける。ビバッチェ「紅茶の恋」のPVでは、少女たちの
揺れる心と切ない空気感を繊細に映し出し、一方、YUI「Rolling star」
などでは、斬新な演奏シーンで溢れる躍動感を表現。繊細さとダイナミズムを
兼ね備える確かな演出力は、現在の音楽シーンにおいて高い評価を得ている。

06年に独立し、PV以外にも、ショートフィルム「It's so quiet.」や
WOWOWショートドラマ「藤子・F・不二雄のパラレル・スペース」、CMなども
手掛けている。MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞や、
カンヌ国際広告祭2009/メディア部門金賞を受賞するなど、実力も
認められており、今後の活躍が注目されるディレクターのひとりである。
主なPV監督作品:ORANGE RANGE「ロコローション」「花」、YUI「CHE.R.RY」
「LOVE&TRUTH」木村カエラ「L.drunk」「Happiness!!!」、
FUNKY MONKY BABYS「ヒーロー」「明日へ」「もう君がいない」

【脚本:高橋泉プロフィール 】

1973年、埼玉県出身。脚本と映像を独学で学び、2001年、廣末哲万と
映像ユニット「群青いろ」を結成。脚本・監督を手掛けた映画
『ある朝スウプは』(03)で、ぴあフィルムフェスティバルグランプリを
受賞、その際審査員だった犬童一心監督にその才能を認められる。
また同作は、香港国際映画祭をはじめ
国内外の数々の映画祭にて賞を受賞した。主な脚本作品として、『親指さがし』
(06・熊澤尚人監督/共同脚本)、『14歳』(07・廣末哲万監督)など。


______________________________________________________________________

『ソラニン』
配給:アスミック・エース エンタテインメント
公開:2010年4月
劇場:全国にて
公式HP:http://solanin-movie.jp/

©浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会/写真:太田好治

コメント(0)