『吸血少女対少女フランケン』公開記念前夜祭

日時:8月7日(金)
場所:渋谷ルイードK2
登壇者:友松直之監督、西村喜廣監督、乙黒えり、高橋ヨシキ、坂口拓、trippi’s(トリッピーズ)、小田原友洋、metalmouse

『吸血少女対少女フランケン』公開記念前夜祭

川村ゆきえが、恐ろしい吸血鬼をキュートに演じ新境地を開拓した、内田春菊原作ホラー『吸血少女対少女フランケン』。監督は、友松直之(『STACY』)と特殊造形・残酷効果の一人者として世界が認める西村喜廣(『東京残酷警察』)のコンビが務めており、その8月15日からの公開に先駆けて、前夜祭イベントが開催された。

イベントが始まる前から会場内では、西村監督の西村映造による特殊メイクコーナーでメイクを試しにやってみようと、観客が殺到。角をつけたり、フランケンの傷やネジメイクを楽しんでいた。その他、劇中に流れるオリジナル曲の歌とトーク、 イベント後半には、ガングロ部の一人、泉カイによるポールダンスが披露され、会場は大いに盛り上った。

______________________________________________________________________


歌のライブは、今回急遽ユニット結成したtrippi’s(トリッピーズ)とヴォーカリストであり作曲も手がけるアーティスト・小田原友洋によるもの。 まずは、ゴスロリの衣裳に身を包んだtrippi’s(まき、ヨーコ)の「PINKY LOVE」でイベントがスタート。続いて 「DokiDokiSchoolDays」も独特のフリつきで歌い、会場を盛り上げた。

その後のトークでは、友松、西村両監督と フランケン役の乙黒えり、ポスタービジュアルを担当したデザイナーの高橋ヨシキ、そしてアクション指導で特別参加した俳優の坂口拓が登壇。

そして、後半のライブでは劇中、とても印象的なシーン(吸血.女が全身、血のシャワーを浴び、血を吸うシーン)にかかる「MAN HUNT」を西村映造による角メイク姿の小田原友洋が熱唱。歌の途中からステージに登場した泉カイのエネルギッシュなポールダンスが華を添えた。続いて、映画に主題曲を提供したアーティストmetalmouseのライブで会場のボルテージが最高に達した時、再びtrippi’sが登場。metalmouseとのコラボバージョンの「PINKY LOVE」を披露した。本作独特のエンターテインメント性が伺える、楽しい前夜祭ナイトとなった。

______________________________________________________________________

『吸血少女対少女フランケン』
配給:エクセレントフィルムパートナーズ
公開:2009年8月15日
劇場:シアターN渋谷、シネマート新宿ほか全国にて
公式HP:http://www.ponycanyon.co.jp/Kyuketsu-syojyo/

コメント(1)