アッキーナがお祓い? 『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』ヒット祈願イベント

アッキーナがお祓い? 『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』ヒット祈願イベント

自身の初主演作『呪怨 白い老女』の公開(6月27日)を目前に控える“アッキーナ”こと南明奈が、ホラー映画撮影前の恒例行事「お祓い」に参加できなかった事実が判明し、そんな南明奈のために、急遽、東映本社にて「お祓い&ヒット祈願」を執り行う事となった。さらに、これまでの呪怨シリーズでおなじみの「俊雄くん」も南明奈とともにお祓い&ヒット祈願へ参列し、今年で誕生から10周年を迎えた『呪怨』シリーズ10年分の”呪い”をお祓いで落とすとともに、シリーズ最新作のヒットを祈願した。

______________________________________________________________________


■南明奈:「お仕事の都合で、撮影前のお祓いに参加できなかったので、今日は凄く嬉しいです。たくさんの人のこの映画を観てもらえるようにもお願いしました。」(本当は屋上の東映稲荷でお祓いする予定だったが、雨のため急遽屋内で行うことになった事について、作品にかけて)呪われているのでは?との質問に「そんなことはないと思います。(笑)」と返し、自身に霊感はないと言い切った南だが、(霊の設定である)隣にいる俊雄くんは見えているのですね?との問いに、「俊雄くんが隣にいる事は、気がついていました。良い感じにハッキリ見えてます。(見えるという事は)俊雄くんはきっと悪い子ではないんだと思います。(笑)」

ホラー映画でつきものの撮影中の恐怖体験を聞かれると「なかったです。」ときっぱり、その上「現場って暗い雰囲気なのかなって思ってましたが、皆とてもお喋りで凄く楽しかったです。」と、作品とは異なり明るい撮影現場であったことを
語った。

人生1番の恐怖体験については「2年前撮影で、(泳げないのに)湖をバナナボートで引っ張られたことぐらい。(怖い体験は)人生でこれからたくさん待ち受けて受けているのだと思います。」しかし、最近怖い夢を見たとの事でその内容は「巨大な岩がこっちに向かっていつまでも追いかけてくるっていう夢を、こないだ見ました。(笑)」と明かした。


『呪怨』シリーズの誕生が10年前だが、自身の10年前については「小学校4年生でした。その頃は、単純にマンガが好きで、漫画家になりたくて毎日マンガばかり描いていました。でも絵は全く上達しなかったです。」
出演作のサブタイトルが[白い老女]であることに対し「元気なおばぁちゃんになりたいです。うちのおばぁちゃんも61才ですが、車の運転もしますしすごく元気なのでそういうおばぁちゃんになりたいです。」
最後は「一生懸命頑張りましたので、たくさんの人に見ていただきたいです!」と、初主演映画への意気込みを語り締め括った。

______________________________________________________________________

『呪怨 白い老女』
配給:東映ビデオ
公開:2009年6月27日
劇場:新宿バルト9ほかにて
公式HP:http://www.juon2009.jp/


『呪怨 黒い少女』
配給:東映ビデオ
公開:2009年6月27日
劇場:新宿バルト9ほかにて
公式HP:http://www.juon2009.jp/

コメント(0)