『仮面ライダー』死神博士と地獄大使が36年ぶりにスクリーンで復活!!

『仮面ライダー』死神博士と地獄大使が36年ぶりにスクリーンで復活!!

8月8日(土)に公開される『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の中で、あの死神博士と地獄大使が復活する。死神博士と地獄大使が実写映像に登場するのは、1978年8月18日と25日に放送された「仮面ライダーV3」以来、36年ぶり。今回、死神博士を石橋蓮司、地獄大使は大杉漣が演じる。

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』は、主人公の士が自分自身の世界を見つけるために、仮面ライダーの世界を旅する物語。ディケイドとなってくり広げる戦いの果てに待つのは、夢か希望か絶望か?平成仮面ライダー10周年を記念する本作は、一筋縄ではいかない破壊と再生の物語。仮面ライダー1号からの昭和・平成全ライダーが結集。立ちはだかるは、全ての組織が融合した大ショッカー!全てのライダーファン驚愕の展開が待ち受ける本作は、この夏イチバンの衝撃で、観る者すべてを<ファイナルアタックライド>させる。

_____________________________________


■大杉漣(地獄大使役):「かつて自分の子供が観ていた番組で、よもや自分がやるとは思わなかった。昨年8月に孫が出来たので、孫が大きくなったら「おじいちゃんはな…」と自慢したい」

■石橋蓮司(死神博士役):「今回のキャスティングは(前役の)天本さんの遺志なのではないかと思います。大杉漣さんとは小劇場出身同士、以前から良く知っているので、彼がどんな化け物となるか予想はつきました。二人とも遊びが好きなので、楽しんで共演できました」


※1973年8月18日と25日に放送された「仮面ライダーV3」においては、ゾル大佐、死神博士、地獄大使、ブラック将軍という、ショッカー・ゲルショッカーの4大幹部が復活し、V3と戦った。実写映像中での死神博士、地獄大使の登場は、このエピソード以来36年ぶり。2005年公開の劇場用映画「仮面ライダー THE FIRST」では、天本英世演じる死神博士の過去映像をCG加工したシーンが登場するが、劇中で「死神博士」という名称は使用せず、公式設定でも単に「ショッカー幹部」としていた。

コメント(0)