興行ランキング 2009年5月02日~5月03日

Rank Pre. 作品名
1 1 『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』
2 2 『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』
3 NEW 『GOEMON』
4 NEW 『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』
5 3 『クローズ ZERO II』
6 4 『映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国』
7 5 『グラン・トリノ』
8 7 『スラムドッグ$ミリオネア』
9 6 『バーン・アフター・リーディング』
10 8 『おっぱいバレー』
ゴールデンウィーク真っ只中の週末映画ランキングは、5月1日の映画サービスデイから全国公開された新作2本がランクイン。しかし、絶好調の上位2作品には及ばず、今週も1位は、3週連続となる『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』(東宝)。4週目を迎えた『レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-』(東宝東和/エイベックス) も2位をキープ。

初登場3位は、「CASSHERN」から5年ぶりとなる紀里谷和明監督作第2弾『GOEMON』(松竹/ワーナー)。時は豊臣秀吉政権下、天下の大泥棒で民衆からヒーローとして愛される石川五右衛門が、ある夜、何気なく盗み出したひとつの箱が、彼の運命と歴史を大きく変えていく。紀里谷和明監督が「CASSHERN」の製作時から構想してきた本作は、延べ製作日数に3年の時間が費やされ、セット数100、CGカット2,000、エキストラ1,000人、総スタッフ数300人をかけた超大作。誰もが知る戦国時代を背景にしながら新解釈を施し、デジタル技術を駆使した圧倒的な映像美で彩っている。またキャストには、江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ(ガレッジセール)、要潤、玉山鉄二、奥田瑛二ら豪華な顔ぶれが集う。

初登場4位は『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』(東映)。TVシリーズ放送終了後も人気は衰えず、仮面ライダー史上初の3本の映画版が製作されるなど大ヒットした「仮面ライダー電王」が、新「超・電王」として復活。室町時代よりやって来たオニ一族を相手に戦い成長していく超・電王の姿を描いた新しいストーリー展開で、現在放映中の全平成仮面ライダーからクロスオーバーした「仮面ライダーディケイド」も参戦する。


コメント(0)