USランキング 2009年4月24日~4月26日

Rank Pre. 作品名
1 NEW Obsessed
出演・ビヨンセ・ノウルズ 監督:スティーヴ・シル
2 1 『セブンティーン・アゲイン』(17 Again)
出演:ザック・エフロン 監督:バー・スティアーズ
3 NEW Fighting
出演:チャニング・テイタム テレンス・ハワード 監督:ディート・モンティエル
4 NEW 『路上のソリスト』(The Soloist)
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジェイミー・フォックス 監督:ジョー・ライト
5 NEW 『アース』(Earth)
監督:アラステア・フォザーギル&マーク・リンフィールド
6 4 『モンスターVSエイリアン』(Monsters vs. Aliens)
出演:リース・ウィザースプーン(声) 監督:ロブ・レターマン コンラッド・ヴァーノン
7 2 『消されたヘッドライン』(State of Play)
出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック 監督:ケヴィン・レイノルズ
8 1 Hannah Montana The Movie
出演:マイリー・サイラス 監督:ピーター・チョルソム
9 5 Fast & Furious
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー 監督:ジャスティン・リン
10 6 『アドレナリン2』(Crank High Voltage)
出演:ジェイソン・ステイサム 監督:ブライアン・タイラー&マーク・ネヴェルダイン
“『Obsessed 』首位で、ビヨンセが本物の映画女優に!”

東海岸も真夏日となり映画界も本格的なサマーシーズンに突入した今週末、新作4本が1、3、4、5位とベスト10入りを果たしたが、ビヨンセ主演のサスペンス・ドラマ『Obsessed』が、2,861万ドルで見事首位の座に立った。同作でビヨンセが演じるのは、夫と不倫した派遣社員の女性から執拗な嫌がらせを受け、壮絶なバトルを繰り広げる既婚女性。あえて専門家にも試写を見せなかったため、1987年に公開されたマイケル・ダグラスとグレン・クローズ主演作で、センセーショナルな話題を巻き起こした『危険な情事』が引き合いに出されていたことも功を奏したようで、当初スタジオ側が予想していた1500 万ドル程度のオープニング成績と予算の約2000万ドルを大きく上回る好調な滑り出しとなった。歌手としては大スターだが、主演作がなかなかヒットしなかったビヨンセだが、「今までは、ビヨンセのナイスバディを見に行くファンが多かったが、これで女優として認められた」と、迫真迫る演技への評価も高い。

2位は、先週の1位からランクダウンしたザック・エフロン主演作『セブンティーン・アゲイン』の1,152万ドル。場合によっては2週連続1位を死守するかもと言われていたが、同作が思ったより失速したことと、『Obsessed』の予想外のヒットで2位の座に落ち着いた。

3位に初登場したのは、チャニング・テイタム、テレンス・ハワード主演のアクション・アドベンチャー『Fighting』の1,102万ドル。

4位には、ジェイミー・フォックスとロバート・ダウニー・Jr.主演の、実在の人物を描いたヒューマン・ドラマ『The Soloist』の971万ドルだった。今をときめく実力派俳優がソリストとジャーナリストを通じて生の人間同士のぶつかり合いを体当たりで演じているが、地味なせいか数字には結びつかなかった。

そして5位には、22日から公開されているドキュメンタリー『アース(Earth)』が883万ドルで初登場。オバマ大統領がグリーン・ニューディール政策を掲げ、国全体でも環境問題に取り組み始めたアメリカ国民の意識は高く、ネイチャー・ドキュメンタリーとしては過去最高のオープニング記録を樹立した。

<来週の見どころ>
サマーシーズンのオープニングを飾るのは、ブロックバスター映画「Xマン」シリーズのスピンオフ映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』。今をときめくヒュー・ジャックマンが主演だが、先月同作が不正ダウンロードされるという残念な事件が起こり、十数億円の損害になるとも。この事件がオープニング成績にどこまで影響するのかが注目されている。

その他、ジャスティン・ロング、エバン・レイチェル・ウッドがエイリアンを演じるファミリー・アニメ『Battle for Terra』、ラブコメ・キング、マシュー・マコノヒーとジェニファー・ガーナー主演のロマンティック・コメディ『Ghosts of Girlfriends Past』など娯楽映画が続々と公開される。



コメント(0)