USランキング 2009年4月17日~4月19日

Rank Pre. 作品名
1 NEW 『セブンティーン・アゲイン』(17 Again)
出演:ザック・エフロン 監督:バー・スティアーズ
2 NEW 『消されたヘッドライン』(State of Play)
出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック 監督:ケヴィン・レイノルズ
3 1 Hannah Montana The Movie
出演:マイリー・サイラス 監督: ピーター・チョルソム
4 3 『モンスターVSエイリアン』(Monsters vs. Aliens)
出演:リース・ウィザースプーン(声) 監督:ロブ・レターマン コンラッド・ヴァーノン
5 2 Fast & Furious
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー 監督:ジャスティン・リン
6 NEW 『アドレナリン2』(Crank High Voltage)
出演:ジェイソン・ステイサム 監督:ブライアン・タイラー&マーク・ネヴェルダイン
7 4 Observe and Report
出演:セス・ローゲン 監督:ジョディ・ヒル
8 5 『ノウイング』Knowing
出演:ニコラス・ケイジ 監督:アレックス・プロヤス
9 6 I Love You, Man
出演:ポール・ラッド 監督:ジョン・ハンバーグ
10 7 The Haunting in Connecticut
出演:バージニア・マドセン 監督:ピーター・コーンウェル
“『セブンティーン・アゲイン』が首位。主演のザック・エフロンがスター街道
まっしぐら!”

トップ10圏内に新作3本が初登場を果たした週末、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ、「ヘア・スプレー」などミュージカル映画でティーンの心をわし掴みにしてきたザック・エフロン主演の青春コメディ『セブンティーン・アゲイン』が、2,372万ドルを稼ぎ出して首位デビューを飾った。37歳のマイクが、輝かしいハイスクール時代(17歳)に戻ったことで引き起こすさまざまさ騒動を描いた同作の結果について配給元のワーナーブラザーズは、「2000万ドル程度の数字を期待していたが、予想以上のヒットだった。この数字は、ザックがボックスオフィスをけん引できるスターに成長したことを証明した」と語っている通り、次世代の映画界を担うスターとして承認されたようだ。

惜しくも2位に初登場となったのは、サスペンス・スリラー『消されたヘッドライン』の1,407万ドル。ワシントンDCで起きた殺人事件を調査する敏腕の新聞記者にラッセル・クロウ、事件に巻き込まれる気鋭の国会議員にベン・アフレック、そしてアカデミー女優のヘレン・ミレンなど豪華キャストが出演し、作品の評価も上場だったが、残念ながらDVD待ちの人が多く映画館の集客力を欠いたようだ。

3位は、先週の1位から大失速した『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』の1,341万ドル、4位は、3位とわずかの差で先週の3位からランクダウンした『モンスターVSエイリアン』の1,324万ドル。学校が休みだったことも幸いして先週からあまり失速しておらず、公開4週間で1億6,306万ドルを突破した。

そして5位は、先週の2位からランクダウンした『Fast & Furious』の1,177万ドルだった。

なお、2009年度のこれまでのチケット・セールスは、前年比で17.3%アップの29.2億ドル。チケット代の値上がりも手伝って1年で97億ドルを稼ぎ出した2007年よりも好調な滑り出しを見せており、今年は初の100億ドル超えを期待できそうだ。

<来週の見どころ>
ジェイミー・フォックス&ロバート・ダウニー・Jr.主演で実在の人物を描いたドラマ『路上のソリスト(The Soloist)』が公開される。精神分裂病を患ってジュリアード大学を中退しホームレスになった天才ソリストにジェイミー・フォックス、彼の過去と実力を見出し、再びソリストとしての道を見つけ出そうとするジャーナリストにロバート・ダウニー・Jr.が扮し、2人の奇妙な友情を描いた感動作品に仕上がっているそう。
また、映画に力を入れているビヨンセが、プロデュースと主演を兼ね、夫の浮気相手の女性から脅される妻を演じるサスペンス・スリラー『Obsessed』、チャニング・テイタム、テレンス・ハワード主演のアクション・アドベンチャー『Fighting』などが公開される。


コメント(0)