『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』クリスティン・クルック&仲里依紗 インタビュー

出席者:クリスティン・クルック&仲里依紗

『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』クリスティン・クルック&仲里依紗 インタビュー

全世界で累計2500万本の売上げを誇る大ヒット格闘ゲーム「ストリートファイター」。ゲームに登場するファイターたちの中でも、特に人気が高い春麗(チュンリー)を主人公にし、“なぜ彼女がストリートファイターに成ったのか?”を紐解くアクション映画『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』

チュンリーを演じたのは、TVシリーズ「ヤング・スーパーマン」(01~)でヒロインを演じ注目されたカナダ出身の若手女優クリスティン・クルック。未経験ながら過酷な訓練を乗り越え、見事な格闘アクションを披露しているだけでなく、チュンリーの心の葛藤を巧みに表現している。

そして、日本語吹替え版のチュンリー役には、先頃、『純喫茶磯辺』で第63回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞した仲里依紗。劇場版アニメーション『時をかける少女』の主人公・紺野真琴役で声優としても高い評価を得ている彼女が、チュンリーに新たな息吹を与えている。

今回は、この二人のチュンリーにお話を伺いました。

______________________________________________________________________

本日、お二人は初対面ということですが、それぞれの印象は?

■クリスティン・クルック(以下、KK):とてもスウィートで素敵な印象を受けました。今日、ご一緒できて本当に嬉しいです」

■仲里依紗(以下、仲):お人形さんみたいで、可愛いと思いました。スタイルも良いですし、見習うべき点がたくさんあります」


コメント(0)