史上初!キャバ嬢限定試写会! 『特命係長 只野仁 最後の劇場版』イベント 

日時:11月26日(水)
会場:新宿ピカデリー
壇上者:高橋克典、桃華絵里(元キャバクラ嬢「小悪魔ageha」モデル)

史上初!キャバ嬢限定試写会! 『特命係長 只野仁 最後の劇場版』イベント 

12月6日より全国にて公開となる映画『特命係長 只野仁 最後の劇場版』。特命係長が活躍する「夜」の顔!であるキャバクラ嬢限定の試写会を開催。夜の帝王・「特命係長」只野仁を演じる高橋克典と雑誌「小悪魔ageha」のモデルでもあり、今話題の元カリスマキャバクラ嬢・桃華絵里とのトークショー&桃華絵里「特命ギャル」任命式が行われた。

史上初!キャバ嬢限定試写会! 『特命係長 只野仁 最後の劇場版』イベント 

_____________________________________

試写会場となった新宿ピカデリー、スクリーン5には、華やかなヘアスタイルと衣装に身を包んだ現役キャバクラ譲100名がつめかけた。

■高橋克典(以下、高橋):「(登場と同時に)いやぁ、(こんな状況)節に願うばかりです。すごいっすねー。今日はお金払わなくていいんですか?桃華さんとは、以前にテレビ局で一度ご一緒しました」


お互いの印象について

■桃華絵里(以下、桃華):「もう、一言で「かっこいい」ですね。「かっこいい」という言葉しかないですよね!」

■高橋:「だって(笑)。やった。(桃華さんは)思ったより美人だし、いや、実際会うと「そうでもなかった」って思う人っていう人もいるから、とっても綺麗で、お母さんでもあるという事がタフで頼もしい」

■桃華:「高橋さんももうすぐパパになるんですよね。おめでとうございます」

■高橋:「ありがとうございます」


映画について

■桃華:「試写会で2度観ていて、目が離せなくて、最後まであっという間に観てしまえる映画。ずっとハラハラ、ドキドキ。涙あり、笑いあり、感動あり、ちょっとHなシーンあり、アクションあり、盛りだくさんの映画ですね」


笑いありとありますが、二つの顔を持つというが、只野の魅力のひとつですよね

■高橋:「2つの顔を持つというのはヒーローものの王道のロジック。誰の中にでもある変身願望だと思うんですよね。だからこそ、どんな人でも自分を投影できるというか。かつ、お笑いあり、ちょっと感動あり」

■桃華:「泣きました!私。3回泣きました!」

■高橋:「え、ど、どこで泣けたの?一体どこで泣いたんですか?」

■桃華:「私も、同じ心境の部分とかあって・・・」

■高橋:「そうですよね、女性でも働いていると、ね」

■桃華:「いえ・・、そこじゃないかな(笑)。でも、皆さんも観て頂いたら、うるっとくる部分があると思います」


コミカルな昼の只野仁と、シリアスな夜の只野仁と、どちらに魅力を感じますか?

■桃華:「やっぱり、夜ですよね。昼の只野仁も守ってあげたくなる感じでいいんですけど、やっぱりどっちかっていうと夜ですね」

■高橋:「夜の格好をしてきてよかったです。やっぱり夜の世界の方には同じ世界の者としてお会いしたいなと思いました」

■桃華:「昼の只野仁さんは、どちらかというとキャバクラのお客さんでいそうなタイプですよね」

■高橋:「そうですよね。実は、今日は白いシャツで来ようよ思ったんですけど、それじゃあちょっとキャバクラのボーイみたいになっちゃうんじゃないかと思って。いつも通りに黒シャツで来ました」


二つの顔を演じ分けるうえで、どうやって演じ分けるのでしょうか?難しかった点などはありますか?

■高橋:「難しいところは無いですね。逆に楽しんでやってます。飽きないし、捕らわれないので、いつも変化があるので。只野の場合は、昼のボケたキャラクターの時も話が暗くならないように話を膨らませてるんですよ。エンターテインメントとして2度おいしいような感じになるといいなと思っています」

_____________________________________

『特命係長 只野仁 最後の劇場版』
配給:松竹
公開:2008年12月6日
劇場:丸の内ピカデリー2ほか全国にて公開
公式HP:http://www.tadano-movie.com/

コメント(0)