『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』完成披露試写会 舞台挨拶

松たか子、金城にすべてをさらけ出す!? 金城武のイタズラ好きもバラされた、和気あいあいの舞台挨拶!

日時:2008年11月26日
場所:東京国際フォーラム
登壇者:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子、本郷奏多、益岡徹、佐藤嗣麻子(監督)、阿部秀司(エグゼクティブ・プロデューサー)、奥田誠治(エグゼクティブ・プロデューサー)

『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』完成披露試写会 舞台挨拶

北村想の小説「怪人二十面相・伝」を映画化した『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』がいよいよ完成し、完成披露試写会が行われ、主演の金城武以下、7人のキャストと監督、プロデューサーが登壇し、舞台挨拶を行った。
ヒロインを演じた松たか子は「最初のシーンから隠すものがない感じで、『あたし、こんな感じです!』と自分をさらけ出すことが出来ました」と、撮影時の思い出を語っていた。また、撮影時はとても和気あいあいとした雰囲気だったようで、クランクアップの日には、金城武が監督にも内緒でイタズラを仕込んでいたとか。金城の演じる平吉の相棒・源治を演じた國村隼が「あるシーンで、金城くんが私に“何か”を渡すんですが、OKが出た後で、金城くんがもう1テイク撮りたいと言い出して…。そして、演技中にその“もの”の代わりにおもちゃのイルカを出してきたんです」とバラすと、金城は「これでお別れというのが淋しくて、笑わせたくて。プロデューサーにはOKをとってありました」と、お茶目な素顔をみせていた。この映像は特典映像としてDVDなどで見られる可能性もあるようだ。

コメント(1)